【J番記者コラム】内容的に良い試合も…広島に敗れて今季3度目の4連敗

 コロナ禍のなかで行われている2020シーズンのJ1リーグは、選手の感染やAFCチャンピオンズリーグ(ACL)日程変更の影響を受けて、第21節を終えた時点で試合数が多いチームで24試合、少ないチームで20試合となっている。日程通りに21試合を消化しているチームはガンバ大阪、名古屋グランパス、柏レイソル、横浜FCの4チームのみ。そのため順位は「暫定」となり、清水エスパルスは現時点で17位。しかし、最下位18位の湘南ベルマーレは清水よりも2試合消化数が少なく、その勝ち点差は3。湘南が2試合のうち1勝すれば、暫定ではない正真正銘の最下位へ清水は転落する。

 今節のサンフレッチェ広島戦も2-3で敗れ、これで今シーズン3度目の4連敗。前半13分にゴール正面のFKを広島のMF森島司に見事に直接決められ、後半4分にDF六平光成のクロスをFWジュニオール・ドゥトラが合わせて一度は追いつくも、わずか2分後にはFKのこぼれ球をFWレアンドロ・ペレイラに押し込まれ再びリードを許す。

 そして飲水タイム明けの後半30分には左サイドでDFヘナト・アウグストとMF西澤健太がヘディングで重なり、そのボールをマークの空いたMF浅野雄也に拾われてスルーパスを出され、MF川辺駿に流し込まれて3失点目を喫した。清水も意地を見せ同41分にDF奥井諒のクロスをFW後藤優介が移籍後初ゴールとなるダイビングヘッドで1点差に迫ると、ロスタイムにも後藤のミドルシュートがクロスバーを叩き、それをFWカルリーニョス・ジュニオが詰めるも、これは枠を捉えることはできなかった。

 ここまで「自分たちのサッカー」を貫いてきたが、4-2-3-1のフォーメーションを直近6試合では3-4-2-1、もしくは3-5-2の3バックに変更した。ピーター・クラモフスキー監督は「起用できる選手のなかで最大限を引き出す」と、ディフェンスの選手に怪我人が続出しているため、現有戦力を考えての変更だと説明していた。

 ただ、それに加えてここ2試合の名古屋と大分トリニータ戦では、相手ディフェンスの裏を狙う意識が強くなりロングボールが増えていた。そのため距離感も悪くなり、「自分たちのサッカー」であるパスサッカーとのバランスが崩れていた印象だった。

 もちろん、対戦相手のスタイルや戦術的なことで組み易いこともあるが、この広島戦ではそのバランスが整理されて意識的にパスを展開し2得点につながった。同点に追いついた場面ではCKのクリアボールを六平が拾い、西澤とのワンツーからのクロスをドゥトラがペナルティーエリア内で合わせている。すべてワンタッチプレーでつないだ得点だった。2得点目は六平とドゥトラのパス交換から奥井がクロスを上げて後藤が押し込んでいる。理想的な得点ができ、内容的にも良い試合となった。

22試合中17試合で複数失点 降格なしのシーズンだが“足踏み”状態を心配する声も…

 しかし、勝利は掴み取れなかった。問題はやはり、3失点していることだ。

 清水はここまで3勝3分16敗。勝利した3試合はすべて先制点を挙げているが、逆に16敗のうち14試合で相手に先制点を許している。また22試合中17試合で複数失点。単純なことを言えば、相手に先制されずに複数失点をしなければ勝ち点を掴めるということ。広島戦での2失点はゴール前の危険な位置でファウルを犯し、そのFKが失点につながっている。審判の判定に納得がいかずにフラストレーションが溜まる試合が続いているが、そこは冷静な対応が必要であり、簡単な失点を減らせれば勝ち点はまだ積み上げられるだろう。

 試合後には「自分たちは長い間、クラブが勝ち取れていないものを勝ち取れるように変えようとしている。それは選手も含めクラブ全体がハングリーにやろうとしてくれている。今はタフな時期を過ごしているが、山を登っていく過程の一つで、ここからまだ登ることはできる」とクラモフスキー監督は話している。

 ただ、その道のりでの足踏みが続いていることを心配するサポーターや関係者が多いのも確かである。今シーズンは降格がない特別なシーズン。ここまでJ1で監督が交代したのはヴィッセル神戸のトルステン・フィンク監督1人だけとなっており、例年とは明らかに各クラブのスタンスは違っている。この試合が今シーズン初出場となったベテランGK西部洋平は、「今週の練習でも全員が『なんとかしてやる』という気持ちが見えた」「今日の試合を終えた後もポジティブな雰囲気だった」と話していた。選手たちも監督同様にまだ気持ちは切れていないようだが、それを試合の中で証明しなければいけない。残り14試合の早い段階で、今挑戦していることが間違いではないという、未来に希望が持てる内容を示し、清水に関わるすべての人たちを安心させるのは選手たちの使命であると思っている。

Football ZONE web編集部