「Transfermarkt」が選出、最高額はファティとフェリックスの100億円

 ドイツの移籍情報専門サイト「Transfermarkt」は、世界中のフットボーラーの推定市場価格を算出し公開している。現地時間8日にリーガ・エスパニョーラ選手の市場価格が更新されてことを受けて、同サイトは11日に公式インスタグラムで「最も高価なリーガU-21イレブン」を発表。17歳のスペイン代表FWアンス・ファティ(バルセロナ)や、韓国代表MFイ・ガンイン(バレンシア)が選出された一方、日本代表MF久保建英(ビジャレアル)は入らず、海外ファンからは「クボはどこ?」などの声が上がっている。

「Transfermarkt」が公表している推定市場価格は、移籍金や年齢、実績、将来性などを基に算出されたもので、その動向は各国メディアやファンからも常に注目を集めている。8日にリーガの市場価格が更新された際にも話題を集めていたが、今回「Transfermarkt」公式インスタグラムはリーガの21歳以下に限定したベストイレブンを作成。将来有望なタレントが勢揃いした。

 4-3-3システムに並んだ顔ぶれのなかで最注目は、バルセロナで輝きを放つ“神童”ファティだろう。ロナルド・クーマン新体制の下で開幕から3試合連続スタメンを飾り3ゴール。17歳らしからぬプレーで観る者を驚かせており、市場価格は前回から3000万ユーロ(約37億5000万円)アップの8000万ユーロ(約100億円)と評価され左ウイングに入った。

 3トップは中央にファティと同額のポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)、右ウイングに5000万ユーロ(約62億5000万円)と評価されたブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)が配置された。

 その他の攻撃陣では、インサイドハーフの左に今季バルセロナに加入した17歳MFペドリが評価額1500万ユーロ(約18億7500万円)で選出。右にはバレンシアのイ・ガンインが2000万ユーロ(約25億円)でアジア勢として唯一選ばれている。

久保は前回と変わらず37.5億円も…両ウイングに選出された2人が超高額

 一方、今季ビジャレアルに期限付き移籍している久保の最新市場価格は、前回7月時と変わらずに3000万ユーロ(約37億5000万円)だった。ペドリとイ・ガンインを超える評価額となったが、主戦場とする両ウイングのファティとヴィニシウスには及ばず、落選となった模様だ。もっとも海外ファンには、リーガの有望な若手の1人として認知されているようで、投稿のコメント欄には「クボはどこ?」「タケフサ・クボは?」という声も上がっていた。

 今回のベストイレブンには、19歳の新加入DFセルジーニョ・デストも入ったバルセロナが最多の4人選出。ベストイレブンの総額は2億9100万ユーロ(約363億7500万円)となっている。今季のリーガ、そして将来のサッカー界を背負うスター候補として、ピッチ上でのプレーに注目が集まる。

Football ZONE web編集部