川崎GKチョン・ソンリョンが敏腕プロデューサーJ.Y.Park氏に変身

 川崎フロンターレの元韓国代表GKチョン・ソンリョンが、自身の公式インスタグラムを更新。人気アイドルグループ「NiziU」の生みの親として人気を博す、敏腕プロデューサーの“J.Y.Park”ことパク・ジニョン氏に扮したハロウィンコスプレが反響を呼んでいる。

 川崎は10月11日からクラブ公式ツイッターで、所属選手たちがハロウィン企画でコスプレをした画像をプロモーションをかねて連日投稿。チーム3位の9得点を挙げているMF三笘薫が「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公・鬼太郎、MF登里享平が目玉おやじ、MF大島僚太が神主、MF中村憲剛がお笑い芸人・ダンディ坂野氏に扮するなど、こだわり抜いた抜群のクオリティーが注目を集めている。

 そのなかでも、ひと際目を引く1人がチョン・ソンリョンだ。インスタグラムに投稿した写真では、「#jypark」と綴られており、日本と韓国の共同オーディション企画「Nizi Project(虹プロジェクト)」で誕生したアイドルグループ「NiziU」の生みの親として知られるJ.Y. Park氏に変身。髪型やキューブなど細部まで忠実に再現されている。

 同僚の元日本代表MF中村が「キューブください」とコメントし、チョン・ソンリョンは中村の背番号14番にかけて「14こあげます」と返信。浦和レッズの日本代表DF槙野智章も笑い転げる顔文字で反応すれば、元日本代表MF福西崇史氏も「そのままやん?笑」とクオリティーの高さに感嘆している。

 また、ファンからも「似てるなぁ」「さすがです。最高!!」との声が上がり、川崎のハロウィン企画は大きな注目を集めていた。

Football ZONE web編集部