今年6月時点では評価なしも、さらに4カ月が経過して10点満点中「7点」がつけられる

 日本代表MF南野拓実は今年1月、オーストリア1部ザルツブルクからイングランド1部リバプールに加入した。今季移籍後初ゴールを含む3得点をマークしているが、英メディアで「スロースタートから調子は上向き」と補強採点で10点満点中7点の高評価を受けている。

 リバプールの地元紙「リバプール・エコー」は、リバプールが2010年秋にフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)に買収されて以降にチームに加わった選手に関する補強採点を実施。この約10年間で新規獲得した選手は南野を含む69選手で、この全選手に対して10点満点の評価を行っている。

 今年6月時点で公開された採点では、当時加入から半年未満だった南野は採点なしだった。しかし、さらに4カ月が経過し、日本代表MFには新たに「7点」の評価がつけられた。

 加入当初はインパクトを残せなかったものの、今季は初ゴールを含む3得点をここまで決めており、ゴールという結果を残したことで好印象を与えたようだ。

 南野については以下のように寸評されている。

「アンフィールドでのスロースタートから、最近では調子は上向いている。日本代表はコミュニティー・シールドのアーセナル戦でレッズでの初ゴールを決め、リンカーン戦では2得点。シーズンが進むにつれ、さらなる出場時間を望むことになるだろう」

 この採点では2013年冬にインテルから加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(現バルセロナ)を筆頭に、15年夏のブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ(←ホッフェンハイム)、16年夏のセネガル代表FWサディオ・マネ(←サウサンプトン)、17年夏のエジプト代表FWモハメド・サラー(←ローマ)、18年冬のオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(←サウサンプトン)、18年夏のブラジル代表GKアリソン(←ローマ)の6人に最高評価の「10点」がつけられた。

「7点」にはケイタやシャキリ、エリオットら11人が振り分けられる

 11年夏のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン(←サンダーランド)や15年夏のイングランド代表DFジョー・ゴメス(←チャールトン)、16年夏のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(←ニューカッスル)、17年夏のスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(←ハル・シティ)、18年夏のブラジル代表MFファビーニョ(←モナコ)といった選手が、それに次ぐ「9点」を獲得している。

 南野と同じ「7点」がついているのは、11年夏に加入した元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミー(現アンデルレヒトU-21監督)、12年夏のウェールズ代表MFジョー・アレン(現ストーク)、13年夏のベルギー代表GKシモン・ミニョレ(現クラブ・ブルージュ)、14年夏のドイツ代表MFエムレ・ジャン(現ドルトムント)とベルギー代表FWディボック・オリギ(←リール)、15年夏のイングランド代表DFナサニエル・クライン(現クリスタル・パレス)、16年夏のエストニア代表DFラグナル・クラヴァン(現カリアリ)、17年夏のイングランド代表MFドミニク・ソランケ(元ボーンマス)、18年夏のギニア代表MFナビ・ケイタ(←RBライプツィヒ)とスイス代表MFジェルダン・シャキリ(←ストーク)、19年夏のイングランドU-17代表MFハーヴェイ・エリオット(←フルハム)の11人だった。

 なお、今夏に加入したギリシャ代表DFコスタス・ツィミカス、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、ポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタの3選手は、前回の南野同様に現時点では採点なしとなっている。

Football ZONE web編集部