エバートンとのダービーで前半3分に先制するも、直後にファン・ダイクが負傷して交代

 リバプールは17日、プレミアリーグ第5節でエバートンと敵地で対戦。“マージーサイド・ダービー”となるなか、守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが敵陣ペナルティーエリア内で相手GKに強烈なタックルを食らうもファウルは吹かれず、そのまま負傷退場。英メディアも接触の“決定的瞬間”を公開している。

 前半3分にセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで幸先良く先制したリバプールだったが、直後にアクシデントが待っていた。コーナーキックの崩れからファーサイドへの浮き球のパスにファン・ダイクが反応。猛然と飛び出してきたエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードに足をすくわれて転倒。痛みで表情をゆがめた。

 ファウルでPKか、オフサイドか、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言を経て映像確認が入るも、結果はリバプールのオフサイド判定。しかし、右膝付近を痛めたファン・ダイクはしばらく動けず、その後自らの足でピッチを出たものの、試合には戻れずに前半11分にイングランド代表DFジョー・ゴメスと無念の交代となった。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「ジョーダン・ピックフォードはこれでカードが科されない…」と綴り、ピックフォードとファン・ダイクが接触した決定的瞬間の画像を公開。ピックフォードの両足がファン・ダイクの右膝付近を挟むように接触しているように見え、「恥ずかしいプレー」という声がある一方で、「フェアなタックル」「オフサイドだった」という意見もあって賛否両論となっている。

 試合は、ファン・ダイクが抜けた後にリバプールがセットプレーから失点して1-1で前半終了。日本代表MF南野拓実はベンチスタートとなっている。

Football ZONE web編集部