ファン・ダイクはエバートンGKピックフォードに強烈タックルを食らって負傷交代

 リバプールは現地時間17日、プレミアリーグ第5節でエバートンと敵地で対戦し、“マージーサイド・ダービー”は2-2の引き分けに終わった。守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクは前半早々に敵陣ペナルティーエリア内で相手GKに強烈なタックルを食らうもファウルは吹かれず、そのまま負傷退場。「犯罪的キック」などと海外メディアで反響を呼んでいる。

 前半3分にセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで幸先良く先制したリバプールだったが、直後にアクシデントが待っていた。同5分、コーナーキックの崩れからブラジル代表MFファビーニョのファーサイドへの浮き球パスにファン・ダイクが反応。猛然と飛び出してきたエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードに足をすくわれて転倒し、痛みで表情をゆがめた。

 ファウルでPKか、オフサイドか、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言を経て映像確認が入るも、結果はリバプールのオフサイド判定。右膝付近を痛めたファン・ダイクはしばらく動けず、その後自らの足でピッチを出たものの、試合には戻れずに前半11分にイングランド代表DFジョー・ゴメスと無念の交代となった。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は、「ジョーダン・ピックフォードはこれでカードが科されない…」と綴り、ピックフォードの両足がファン・ダイクの右膝付近を挟むように接触しているように見える決定的瞬間の写真を公開。衛星放送「ユーロ・スポーツ」が「ジョーダン・ピックフォードのホラータックル」と伝えれば、アルゼンチン紙「Ole」は「犯罪的キック」と糾弾した。元イングランド代表DFガリー・ネビルも自身の公式ツイッターで「ペナルティー/レッドカード」と指摘している。

 その後試合はシーソーゲームとなり、エバートンはFWリシャルリソンが退場、リバプールは後半アディショナルタイムにネットを揺らすもオフサイドでノーゴール判定。マージーサイド・ダービーは波乱に満ちた内容で2-2の引き分けに終わった。

 衛星放送「ビーイン・スポーツ」は、ファン・ダイクの負傷が膝の前十字靱帯を痛めるもので、全治7〜8カ月とも報じており、今回のピックフォードのプレーは波紋を呼びそうだ。

Football ZONE web編集部