エバートンとの“ダービー”に2-2ドロー、終了間際にネット揺らすもVAR判定で取り消し

 リバプールは現地時間17日にプレミアリーグ第5節でエバートンと敵地で対戦し、2-2の引き分けに終わった。試合終了間際に主将MFジョーダン・ヘンダーソンのゴールが“右腕オフサイド”で取り消されるなどVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定に泣いたユルゲン・クロップ監督は、試合後に「我々の日ではなかった」と試合を振り返っている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 今季初の“マージーサイド・ダービー”は、リバプールが前半3分にセネガル代表FWサディオ・マネのゴールで先制するも、その後に点の取り合いとなって2-2のドローに終わった。

 リバプールはゲーム序盤に、守備の要であるオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが、相手ペナルティーエリア内でGKジョーダン・ピックフォードと接触して負傷し、前半11分に途中交代を余儀なくされるアクシデントが発生。ピックフォードがファン・ダイクの右膝に激しいタックルを見舞う形となったが、この場面ではVARでオフサイドがあったと判定され、リバプールにPKは与えられなかった。

 その後、リバプールは2-2で迎えた後半アディショナルタイムにスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの縦パスに抜け出したマネのラストパスからヘンダーソンが左足で蹴り込んだが、ここもVARのチェックにより、マネにオフサイドがあったとしてノーゴールとなった。

 リプレー映像によると、オフサイドになったマネは右腕部分だけがラインを越えているように見え、ファン・ダイク負傷の場面同様に議論の対象となっている。

 クロップ監督はVARを支持するとしたうえで、判定基準に対する疑問も口にしている。

「私はVARを全面的に支持している。特にオフサイドに関しては、正しい判定が下されることを期待しているよ。(前節)アストン・ビラ戦でゴールを決めた時に、脇の下はオフサイドだと言われた。おかしいように聞こえるけど、我々はそれを受け入れた。

 だが、あの場面の写真を見たら、脇の下ではないのにオフサイドだった。あの後10回ほどインタビューを受けて、全員があれはオフサイドではないと言ってくれたけど、気分は上がらないよ」

判定に対するやりきれない思いを吐露 「今日は我々の日ではなかった」

 さらに「複雑だよ。(エバートン戦で)我々はVARが関与していないところで選手を1人失い(ピックフォードとファン・ダイクの接触シーン)で、レッドカードの場面でもう1人の選手を失った(リシャルリソンとチアゴ・アルカンタラの接触シーン)。正当なゴールもカウントされなかった」と判定に対するやりきれない思いも吐露したクロップ監督だが、「明らかに今日は我々の日ではなかったが、パフォーマンスは私が見たかったものだったよ」と、選手たちのパフォーマンスには概ね満足していたようだ。

 この試合の結果、リバプールは3勝1分1敗の勝ち点10で暫定2位。4勝1分と無敗が続くエバートンは勝ち点13で暫定首位を維持している。

Football ZONE web編集部