「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」の第3回が配信 いざ対戦という時は…「やりづらい」

 内田篤人氏が出演するスポーツチャンネル「DAZN」の番組「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」の第3回が、22日に配信となった。MF香川真司からのメッセージなども含め、盛りだくさんの内容となっているが、DAZN公式ツイッターは未公開トークの様子を紹介。内田氏が香川について語る貴重なシーンとなっている。

 内田氏は8月23日のJ1リーグ第12節ガンバ大阪戦を最後に、現役を引退。引退後は日本サッカー協会(JFA)が新設した「ロールモデルコーチ」に就任。アンダーカテゴリーの代表チームをはじめ、JFAが取り組む若年層の強化および普及に関わる活動に参加し、世界の舞台で培った内田氏の持つ経験、知見を後進の育成にあてる。9月のU-19日本代表候補トレーニングキャンプで“初指導”し、今月4日からの同代表合宿でも同行することが決まっている。

 そのなかで「DAZN」では初の冠番組となる「Atsuto Uchida’s FOOTBALL TIME」もスタート。欧州各国リーグで活躍した日本人選手をピックアップして内田氏の視点から解説するなど、独自のコンテンツを発信している。

 22日には第3回が配信。スペイン2部サラゴサを退団した香川からのメッセージ公開に加え、サイドバック目線でマルセイユの日本代表DF酒井宏樹の“すごさ”を語るなど、充実の内容となっていた。

 配信開始後、DAZN公式ツイッターは「未公開トーク」として内田氏から見た香川についてのトークを紹介。内田氏は「僕は高校の時から一緒にやっていますけど、大事な試合で点を取るんですよ。ダービーもそうなんですけど、勢いがある。上手いところはいろいろあるんですけど、やる男だなと」と勝負強さに脱帽し、称賛している。

 さらに出演者の眞嶋優氏から「いざ対戦となったら、やりづらいんですか?」と問われると、「いやぁ…やりづらいでしょう(笑)。小柄だけど技術があって、フィニッシュまで行けるというのはやっぱり魅力だと思います」と回答。長くともに日本代表を引っ張ってきた“盟友”へのリスペクトが垣間見えるシーンだった。

Football ZONE web編集部