乾がエイバルの練習中に撮影された写真を投稿し話題

 スペイン1部エイバルのMF乾貴士は、今季リーガ・エスパニョーラ開幕から6試合連続でスタメン出場を続けており、キレのあるプレーを見せている。スペイン通算6シーズン目を戦うなか、自身の公式インスタグラムを更新。練習中の乾を捉えた写真を「どんな口してんねん」という自虐的な一言とともに公開すると、コメント欄には様々な反応が届き盛り上がっている。

 今季から背番号14をつける乾は、セルタとの開幕戦(0-0)からスタメンに名を連ねている。まだゴール、アシストともに記録できていないものの、第6節オサスナ戦(0-0)では対峙したDFの股を抜き、2選手を置き去りにしてシュートまで持ち込むテクニカルなプレーでゴールに迫るなど、左サイドから再三にわたってチャンスメークしている。

 そんな好調を維持する乾が、自身の公式インスタグラムに練習中に右手を上げながら誰かに指示を出している様子を捉えた写真を投稿。何かを叫んでいる乾が、ちょうど唇を突き出した瞬間を捉えた写真となっており、そんな自身の姿に対して「どんな口してんねん 何を言った時にこんな口になんねん」と、泣き笑いの絵文字を添えながら自虐的なメッセージを添えた。

 するとコメント欄は大盛り上がり。「チューズデイのチュ」「TUBEかYouTubeちゃいます?」「”う行”のどれかですよねきっと」などの大喜利的な回答から、「タコっぽい」「可愛いんですけど」など様々な反応が寄せられていた。

 また、今季ニューカッスルからエイバルに期限付き移籍中の同僚FW武藤嘉紀も反応。「むとぅーーーー」と綴ると、すかさず乾が「むとぅって読んだ事はない」と返信するなど、軽妙なやり取りを展開していた。

 乾と武藤の“日本人コンビ”の良好な関係性も垣間見えた今回の投稿。ともに今季はまだゴールがなく、チームも15位に低迷しているものの、24日の次節セビージャ戦での華麗な連係プレーに期待したいところだ。

Football ZONE web編集部