リヨンFWデパイがオランダ代表で共闘するDFファン・ダイクへメッセージを送る

 リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが同胞で負傷離脱中のリバプールDFフィルジル・ファン・ダイクにメッセージを送った。リヨンは現地時間25日、リーグ・アン第8節でモナコと対戦し、4-1で勝利。1得点したデパイは、ゴール後のセレブレーションでアンダーシャツに書かれたファン・ダイクへのメッセージを披露した。

 ファン・ダイクは、現地時間17日に行われたプレミアリーグのエバートン戦(2-2)で、セットプレーで攻撃参加していた際にエバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードと衝突。その時に右膝を痛め、自力で歩いてピッチの外に出ることはできたものの、プレー続行は不可能で同11分に途中交代した。右膝前十字靭帯の負傷で今季絶望の可能性もある。

 そんななか、リヨンFWデパイがモナコ戦で1ゴールをマーク。前半12分、右サイドからのカウンターで、最後に中央で待ち受けていたデパイが豪快に右足でけり込んだ。先制点を奪った後、ゴールセレブレーションの際にデパイはユニフォームをまくり上げてアンダーシャツに書かれたメッセージを披露。そこには、同胞のファン・ダイクに向けて、「フィルジル、強く生きろ、マイブラザー」と感動的な言葉がつづられていた。

 オランダ代表の仲間から熱烈なエールを受けたファン・ダイク。負傷から復活し、再びピッチに立つ日を世界中が待っているはずだ。

Football ZONE web編集部