リーグ戦初スタメンながら、チームが低調な出来に終わったこともあって見せ場を作れず

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、現地時間25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節カディス戦(0-0)で今季リーグ戦初のスタメンを飾ったが、見せ場なく後半17分に途中交代となった。スペイン紙は、ナイジェリア代表MFサムエル・チュクウェゼとの“入れ替え”について言及している。

 ウナイ・エメリ監督は、22日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のスィヴァススポル戦(5-3)で1得点2アシストの活躍を見せた久保を、中2日でリーグ戦初スタメンに抜擢。4-3-3システムを採用し、3トップは中央にスペイン代表FWパコ・アルカセル、右に久保、左にMFモイ・ゴメスが並んだ。

 久保は前半16分、左サイドからの崩しに、ダイアゴナルな動きでゴール前へ走り込んだが、背後からカディスDFアルフォンソ・エスピーノに倒されるもノーファウル判定。その後も右サイドからドリブルで仕掛けようとするシーンはあったものの、相手の厳しいマークで行く手を阻まれ、見せ場を作ることができなかった。

 ビジャレアル自体も、ボールを支配しながら思うようにチャンスを作れず。久保は後半17分にチュクウェゼと無念の途中交代になった。

 スペイン紙「AS」の選評では、「エメリは(終盤に)チェクウェゼを入れるためにクボを外す決断をした。魔法は少なくなるが、強さは増すというものになった」と伝えている。

 カディス戦に関して言えば、久保の出来以上に、チームとして相手に封じ込められてしまった影響が大きい。再びELスィヴァススポル戦のような活躍を見せられるか、真価が問われることになる。

Football ZONE web編集部