シャルケ戦で技ありチップシュートを決めて今季5ゴール目をマーク

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは、現地時間24日のリーグ第5節シャルケ戦(3-0)で今季5ゴール目を記録した。技ありのチップシュートに同僚も「初めて見た」と成長に太鼓判を押している。

 2016年に母国ノルウェーのブリンでプロデビューを飾ったハーランド。モルデを経てオーストリア1部ザルツブルクへ移籍すると、昨季はリーグ戦14試合16ゴールを挙げて注目を浴び、19年末にドルトムントへ完全移籍した。

 昨季は公式戦40試合で44ゴールを記録。194センチの長身ながら他の選手が追いつけないほどのスピードと圧倒的なフィニッシュ力が特徴だが、シャルケ戦では“新たなバリエーション”を披露した。

 1-0で迎えた後半16分、敵陣のセンターサークル付近でボールを持ったハーランドは、イングランド代表MFジェイドン・サンチョにパスを出すと、ゴール前に向かって猛ダッシュ。最終ライン裏に抜けてスルーパスを受け、飛び出してきた相手GKの鮮やかなチップシュートで交わしてネットを揺らした。

 ブンデスリーガ公式サイトは、試合後のハーランドのコメントを紹介。「ボールを持った時、ジェイドン(サンチョ)がスプリントするのを待っていたけど、彼はあまりスプリントするのが好きじゃなかった(笑)。だから僕はジェイドンにパスをして、全力で走った。彼は完璧なプレーをした。右足でシュートを打つ練習はしているから、その成果が出て良かったよ」と語り、利き足とは逆となる右足でのゴールに自信を覗かせた。一緒にインタビューを受けたスイス代表DFマヌエル・アカンジも、「君がチップシュートをするのを初めて見た。通常はフルパワーで打つからね」と冗談交じりに成長を認めていた。

 英紙「デイリー・メール」は、「ハーランドはゴールスコアラーだ。ある意味で、得点に“取りつかれている”。20歳にして、これまでの多くの選手たちよりも効率的にネットを揺らしている」と称賛。記事では、ハーダンドがドイツ紙「ルール・ナハリヒテン」で「ベストのアーリング・ハーランドはまだ先のことだ」とまだ成長過程に過ぎないと語ったことにも触れている。

 21歳のフランス代表FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)が注目を集めがちだが、2学年下のハーランドもそれに負けない神童ぶりを見せている。

Football ZONE web編集部