GKドンナルンマ、FWペーター・ハウゲ、スタッフ3名の計5名がコロナ陽性反応を示す

 セリエAで首位を走るACミランは26日、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマとU-21ノルウェー代表FWイェンス・ペーター・ハウゲの2選手、さらにチームスタッフ3名の計5名に新型コロナウイルスの陽性が確認されたと発表した。

 クラブは昨夜に行われた検査の結果で5名の陽性が確認されたと報告。いずれも症状はなく、すでに自宅での隔離措置がとられているという。

 また、同日に残りの選手とスタッフ全員に再検査を行った結果、さらなる陽性者はいなかったと発表した。

 今季ミランはセリエA開幕から無傷の4連勝でリーグ戦で暫定首位。UEFAヨーロッパリーグの開幕戦でもスコットランドの名門セルティックに3-1で勝利を収め、今年6月に新型コロナウイルス感染拡大による中断から再開して以降は公式戦21戦無敗となっている。

 そのなかで守護神のドンナルンマはここまで公式戦8試合すべてに先発出場。イェンス・ペッター・ハウゲはセリエAでは1試合の出場にとどまるも、ELでは予選を含め4試合4得点と活躍していた。

Football ZONE web編集部