スペイン紙「AS」がスペイン世代別代表時代と現在の写真を比較

 ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレは、その強靭な肉体と圧倒的なスピードを武器に、世界でもトップクラスのフィジカルレベルを誇るプレミアリーグで躍動している。スペイン紙が育成年代の若き日と今の比較写真を「ビフォー…アフター」と公開すると、別人かのような“パワーアップぶり”が反響を呼んでいる。

 マリ出身の両親を持つバルセロナ生まれのトラオレは、8歳でバルサに入団し、2013年には17歳でトップチームデビュー。その2年後となる2015年にアストン・ビラへ移籍した。翌年にはミドルスブラへ渡り、現在はウォルバーハンプトンで所属3年目。昨年11月、今年9月に招集されながら辞退していたスペイン代表にも今年10月に無事デビューを果たしている。

 筋肉で膨れ上がった強靭な肉体がセールスポイントの一つだが、トラオレは以前、「俺のトレーニング? ウェイトトレーニングはやらないよ。信じがたいだろうけど。それは遺伝なんだ」と説明していた。

 そのなかで、スペイン紙「AS」は公式インスタグラムで「ビフォー…アフター」と綴り、スペインの年代別代表時代のトラオレと、力こぶを作ったパワフルな現在の姿を横並びで公開。かつては腕も細く、胸板もそこまで厚さがない。衝撃の変貌ぶりに、ファンからは「遺伝子か」「マッチョボディ」「実写版・超人ハルク」「もはや獣」と驚きの声が上がっている。

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにも負けない肉体を誇るとされるトラオレ。今後はビッグクラブへの飛躍も期待されることになりそうだ。

Football ZONE web編集部