リーガ単独1位の3アシストを記録しながらレギュラーでない状況に現地メディア注目

 バレンシアの韓国代表MFイ・ガンインは、第7節終了時点で3アシストを挙げ、世界最高峰のリーガ・エスパニョーラでアシストランク1位に立っている。しかし、所属クラブでは定位置確保には至っておらず、地元紙は「スタメンでないことが説明できない」と問題提起している。

 バレンシアの下部組織で育ったイ・ガンインは、2017年にバレンシアとプロ契約。18年10月にトップチーム初出場、翌19年1月にリーガデビューも飾ったが、昨季はリーグ戦で相手選手への悪質タックルで2度の退場処分を食らうなど、本調子には程遠かった。

 しかし、3年目の今季は開幕節のレバンテ戦(4-2)で2アシスト、直近のエルチェ戦(1-2)でも途中出場からアシストを決めて、計3アシストを記録。リーガ・エスパニョーラ公式ツイッターは「韓国のイ・ガンインがアシストランキングをリード」と綴り、ランキング上位者を紹介しているが、イ・ガンインは元スペイン代表MFダビド・シルバ(レアル・ソシエダ/2アシスト)らを抑えてトップに君臨している。

 それにもかかわらず、バレンシアではレギュラーではない状況に、スペイン紙「AS」は「7試合のうち3試合がベンチスタート。コーチは(イ・ガンインに)完全な信頼を置いていない。82分間に1アシストを記録しながら、チームで“議論の余地がない”場所を確保するには役立たない」と注目。バレンシアのオンライン新聞「Super Deporte」も「スタメンでないことが説明できない」と問題提起している。

 イ・ガンインはアピールを続け、ハビ・ガルシア監督の信頼を勝ち取ることができるだろうか。

Football ZONE web編集部