帽子、マスク、ジャケットと黒で揃えた久々の私服ショットをインスタグラムに投稿

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部INAC神戸レオネッサのMF仲田歩夢が、自身の公式インスタグラムを更新。モノクロ風の私服オフショットを公開し、「ブラック似合う〜」「アーティスティック」とファンから声が上がっている。

 シーズン前は新型コロナウイルスの影響で長期間の自宅待機が続いていたが、なでしこリーグは7月18日に開幕。今季のINACはクラブ史上初の外国籍監督となるゲルト・エンゲルス氏を迎え、エンブレムも一新するなど王座奪還に向けて新たなスタートを切った。チームは現在3連勝中で、首位浦和レッズレディースと勝ち点8差の2位につけている。

 INAC所属9年目の仲田は、今季ここまでリーグ戦8試合で1得点。激しいポジション争いもあり、スタメンは1試合のみにとどまっている。INACは11月1日に4位セレッソ大阪堺レディースと対戦予定。逆転優勝に向けて落とせない一戦となる。

 そのなかで、仲田は28日、公式インスタグラムにモノクロ風写真を2枚アップ。ハッシュタグで「#しふく」「#最近は黒がすきです」「#マスクもしてるしブレてるし」「#もしかしたらわたしじゃないかも」「#さて誰でしょう」と綴られており、帽子、マスク、ジャケットと黒で揃えた仲田の横姿と、正面からのピースショットとなっている。久々の私服ショットにファンもすかさず反応している。

「歩夢さん、ブラック似合う〜」
「ブレ感がアーティスティック」
「歩夢ちゃんにしか見えないです」
「黒ずくめの美女」

 別の投稿では甥っ子の写真も披露されており、シーズン最終盤に向けて束の間のひと時を過ごしたようだ。

Football ZONE web編集部