CL公式インスタグラムがバルサ時代に決めた4つのゴラッソ映像を公開

 数々のスーパープレーで、2000年代のサッカー界で主役の1人となった元ブラジル代表FWロナウジーニョは、スペインの名門バルセロナでキャリアの絶頂期を過ごした。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)公式インスタグラムは、バルセロナ時代のロナウジーニョが同大会で決めた4つのゴラッソを公開。「お気に入りのロナウジーニョのフィニッシュは?」と問いかけると、海外ファンから様々な感嘆のコメントが寄せられた。

 “天才”ロナウジーニョは、2001年に母国のグレミオからパリ・サンジェルマンに加入して欧州初進出。03年夏にバルセロナへ移籍すると、左ウイングからカットインしていくプレースタイルを確立し、1年目からリーグ戦32試合15得点と猛威を振るった。翌04-05シーズンからリーガ・エスパニョーラを連覇、05-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)を制した。ロナウジーニョ自身も05年のバロンドールを受賞するなど、5シーズン在籍したバルセロナで全盛期を過ごしている。

 そんな当時の天才アタッカーが、CLで見せた4つのゴラッソに大会公式インスタグラムが再びスポットライトを当てた。1つ目として紹介されたのは、04-05シーズンのグループステージ第4節ACミラン戦。1-1で迎えた後半44分、“天才”が一瞬の閃きを見せ、得意技の“エラシコ”で相手DFを瞬殺し、左足で強烈なミドルシュートを叩き込んだ。

 2つ目に登場するのは、同シーズンの16強第2戦のチェルシー戦で生まれた、あまりにも有名な伝説の一撃。前半38分、相手のクリアボールを拾ったMFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)からペナルティーアークでパスを受けたロナウジーニョは、外、内とキックフェイントを入れ、ノーステップで右足を一閃。ボールは相手DFの間をすり抜け、ゴール左隅に突き刺さった。

 3つ目に紹介されたのは、06-07シーズンのグループステージ第1節レフスキ・ソフィア戦のゴールだ。4-0で迎えた後半アディショナルタイム、敵陣左サイドでボールを受けたロナウジーニョが、ゴール左45度から斜めにドリブルを開始。独特なリズムのステップにシザースフェイントを織り交ぜながら対峙したDFを翻弄すると、インフロントで巻くようにしてカーブショットを叩き込んだ。

「フットボールの魔法」「3番目は残忍」など感嘆の声が殺到

 そして最後に登場するのが、優勝した05-06シーズンのラウンド16、チェルシーとの第2戦だ。第1戦を敵地で2-1と勝利していたなかで迎えた後半33分、敵陣中央でFWサミュエル・エトーからパスを受けたロナウジーニョがドリブルを開始。ペナルティーアークでチェルシー主将DFジョン・テリーが立ちはだかるが、体ごとぶつかってなぎ倒すと、そのまま右足を一閃。強烈な低弾道シュートがゴール右隅に決まった。

 どれもが素晴らしいゴラッソだが、CL公式インスタグラムが「お気に入りは?」と問いかけると、「あれは完璧だった」などコメント欄では2番目のチェルシー戦で見せた“ノーステップ弾”への支持が多かった。それ以外にも「フットボールの魔法」「すべてが驚くべきもの」「真の史上最高」「魔術師」「3番目は残忍」など、数多くの感嘆の声が上がっており、“天才”ロナウジーニョが見せた美技は今も多くのファンを魅了しているようだ。

Football ZONE web編集部