“バーゲン価格”で加入したプレミア選手の「ローコスト・イレブン」を選出

 英紙「デイリー・メール」が“バーゲン価格”でチームに加入し、活躍しているプレミアリーグの選手を集めた「ローコスト・イレブン」を選出した。エバートンで躍動する“0円移籍”のMFハメス・ロドリゲスら実力者が名を連ねるが、11人の移籍金総額はマンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバの半分以下という驚きの結果となった。いずれも代表クラスがずらりと並ぶが、現在の所属チームに加入した当時の移籍金が1000万ポンド(約13億5000万円)に満たない選手がピックアップされた。

 システムは5-3-2。GKはイングランド代表GKニック・ポープ(バーンリー)。最終ラインにはセンターバックとしてスペイン代表DFセサル・アスピリクエタ(チェルシー)、イングランド代表DFエリック・ダイアー(トッテナム)、イングランド代表DFジョー・ゴメス(リバプール)の3人。サイドは右にアイルランド代表DFシェイマス・コールマン(エバートン)、左にスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(リバプール)が選ばれた。

 アスピリクエタとロバートソンはそれぞれ移籍金700万ポンド(約9億5000万円)で、今回の11人の中ではこれが最高額となっている。

 中盤は今夏にレアル・マドリードからエバートンに加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスをはじめ、イングランド代表MFデレ・アリ(トッテナム)、ポルトガル代表MFジョアン・モウチーニョ(ウォルバーハンプトン)が選出。ハメスは移籍金なしでの加入、アリとモウチーニョはいずれもわずか500万ポンド(約6億8000万円)での移籍だった。

 2トップはイングランド人コンビ。セミプロクラブから後のプレミアリーグ王者となるレスターへ移籍した元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと、今季エバートンで得点量産中のイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンの2人が選ばれた。

 キャルバート=ルーウィンの移籍金は150万ポンド(約2億円)と紹介されているが、クラブのアカデミー責任者デイビッド・アンスワース氏は、「実際はそれよりも安価だった」とコメントしているという。

11人の移籍金合計は…ポグバの移籍金122億円の半分にも満たない49億円

 この11人の移籍金総額はおよそ3600万ポンド(約49億円)。記事ではマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバを比較に出し、同選手の移籍金9000万ポンド(約122億円)の半分にも及ばないと伝えている。

 一人の選手の移籍で数十億円、あるいは100億円規模の金額が動くことも珍しなくないプレミアリーグだが、こうしてハイコストパフォーマンスを発揮している選手も数多く存在しているようだ。

 11人の移籍金は以下の通り。

GK
・ニック・ポープ
チャールトン→バーンリー 110万ポンド(約1億5000万円)

DF
・シェイマス・コールマン
スライゴ・ローヴァーズ→エバートン 6万ポンド(約810万円)
・セサル・アスピリクエタ
マルセイユ→チェルシー 700万ポンド(約9億5000万円)
・エリック・ダイアー
スポルティングCP→トッテナム 450万ポンド(約6億1000万円)
・ジョー・ゴメス
チャールトン→リバプール 350万ポンド(約4億7000万円)
・アンドリュー・ロバートソン
ハル・シティ→リバプール 700万ポンド(約9億5000万円)

MF
・デレ・アリ
MKドンズ→トッテナム 500万ポンド(約6億8000万円)
・ジョアン・モウチーニョ
モナコ→ウォルバーハンプトン 500万ポンド
・ハメス・ロドリゲス
レアル・マドリード→エバートン フリートランスファー

FW
・ドミニク・キャルバート=ルーウィン
シェフィールド・ユナイテッド→エバートン 150万ポンド(約2億円)
・ジェイミー・ヴァーディ
フリートウッド・タウン→レスター・シティ 100万ポンド(約1億3500万円)

Football ZONE web編集部