【スペイン発コラム】バジャドリード戦で4戦ぶりのベンチスタート、決定機を決めきれず

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ第8節バジャドリード戦(2-0)で、公式戦4試合ぶりにベンチスタートとなった。

 10月下旬からのビジャレアルは、週の半ばにUEFAヨーロッパリーグ(EL)を戦うタイトな日程と、主力に怪我人が続出。そのためウナイ・エメリ監督は毎試合、大幅なローテーションを実施してきたが、久保は公式戦3試合連続で先発出場を果たしていた。バジャドリード戦の現地メディアの先発予想でも、久保は4-3-3の左ウイングで出場すると見られていた。しかしエメリ監督は、3-1で勝利したELのカラバフ(アゼルバイジャン)戦の4-3-3から4-4-2にシステムを変更し、6選手を変更。エースのFWジェラール・モレノが復帰した一方、久保はスタメンから外れた。

 最下位のチーム相手にビジャレアルはキックオフから主導権を握り、前半にMFサムエル・チュクウェゼとDFパウ・トーレスがゴールを決め、危なげない試合運びでハーフタイムへ。後半開始後もビジャレアルがボールをキープしたが、追加点を奪えないまま時間が経過し、終盤バジャドリードに押し込まれたが2-0で勝利した。

 そんななか久保が投入されたのは後半19分、チュクウェゼと代わり右サイドハーフでプレーした。攻撃面では相手DFラウール・ガルシアにハードタックルを受けてイエローカードを引き出し、中盤でチームメートと上手く連係し、前線に絶妙なタイミングでのパスを何本か送っていた。また後半39分にカルロス・バッカのスルーパスから、相手GKジョルディ・マジップと1対1になる決定機を迎えたが、決めきれなかった。一方、守備では相手にチャンスを与える不用意なパスミスがあったほか、マークのずれをチームメートに指摘され慌てて戻るシーンが見られ、終盤は守備に専念する時間が多くなっていた。

 こうした久保のパフォーマンスについて、スペイン各紙の評価は分かれた。スペイン紙「マルカ」の評価はチームトップタイの2点(最高3点)。パウ・トーレス、MFアルフォンソ・ペドラサ、チュクウェゼ、MFビセンテ・イボーラ、MFマヌ・トリゲロス、MFモイ・ゴメスの6選手が同評価だった。

 スペイン紙「AS」も久保を2点(最高3点)と評価。パウ・トーレスが唯一の最高評価の3点。DFマリオ・ガスパール、DFラウール・アルビオル、ペドラサ、チュクウェゼ、イボーラ、モイ・ゴメス、G・モレノ、FWパコ・アルカセルの8選手が久保と同じ2点だった。

 一方、ビジャレアルの地元紙「エル・ペリオディコ・メディテラーネオ」は久保の評価について、「出場後に素晴らしいゴールチャンスがあった」と評するも、同じく途中出場のDFペルビス・エストゥピニャン、MFジェレミ・ピノと並び、チームで一番低い6点(最高10点)をつけている。チームトップは、ペドラサで9点だった。

シドロ記者は久保に好印象も「チームが守備面で苦しんだ」ことを強調

 試合後、スペインのラジオ局「カデナ・セール」のハビエル・シドロ記者をスタジアムで捕まえ、バジャドリード戦での久保のプレーの印象について語ってもらった。

「今日は出場時間が短かったので、あまりタケ・クボの姿を見ることができなかったが、彼はその短時間の中でも、あと一歩で試合を決めるようなプレーで存在感を示したし、チームに酸素を供給するかのようにボールを入れるといった、面白いプレーを見せる瞬間があった」と評価した。

 しかし、「試合終盤はビジャレアルが後ろに引いて徹底的にゴールを固めたことにより、タケにできることはほとんどなかった。チームが守備面で苦しんだため、そこまで素晴らしい時間を過ごすことはできなかったと思う」とバジャドリードの反撃を受けたことにより、攻めに出る機会が少なかったことを強調した。

 リーグ開幕から8試合を戦い4勝3分1敗で勝ち点15を獲得し、暫定ながらも3位に浮上したビジャレアルは、この後、中2日で5日にホームで行われるELグループステージ第3節でマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦する。エメリ監督がELで大幅なローテーションを実施していること、そしてバジャドリード戦でベンチスタートだったことを考慮すると、マッカビ戦で久保に再び先発出場のチャンスが訪れる可能性は高いだろう。1得点2アシストという結果を残した前回のELホームゲーム、スィヴァススポル(トルコ)戦で見せたようなハイパフォーマンスを期待したい。

Football ZONE web編集部