「2000年代生まれの世界で最も価値のある選手」で日韓のヤングスター候補に“格差”

 スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」が発表した「2000年代生まれの世界で最も価値のある選手」のトップ100を発表し、日本代表MF久保建英(ビジャレアル)が13位にランクインした。そのなかで37位となった韓国代表MFイ・ガンイン(バレンシア)について、韓国メディアは「日本のクボよりも劣るという評価が出た」と報じている。

 CIESは2000年代に生まれた5大リーグの選手のうち、推定市場価格のトップ100を発表。バイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが、1億8040万ユーロ(約220億円)でトップに立った。

 2位以下はイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(ドルトムント)、スペイン代表FWアンス・ファティ(バルセロナ)、ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド(ドルトムント)、イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)、スペイン代表MFフェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)、イングランド代表DFブカヨ・サカ(アーセナル)までが100億円超となった。

 10位にブラジル代表FWロドリゴ、12位に同FWヴィニシウス・ジュニオールとレアル・マドリードのブラジル人勢、そして13位にレンタル移籍中の久保(4840万ユーロ/約59億円)がランクインした。スペイン紙「エル・エスパニョール」は「この日本人はレアル・マドリードが抱えている素晴らしいプロジェクトの一つだ。今では欧州サッカー界の偉大な羨望の的となっている」と今後への期待を込めて紹介していた。

 一方、韓国人選手でトップとなったイ・ガンインは1560万ユーロ(約19億1000万円)で37位。2200万ユーロ(約26億9000万円)で22位だった3月の査定から大幅下落となり、韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、「イ・ガンインが37位? 日本のクボが13位なのに…」と見出しを打ち、悲観的に報じている

「今季はリーグ戦で7試合3アシストを記録しているが…」

「イ・ガンインの市場価格が日本のクボよりも劣るという評価が出た。今季はリーグ戦で7試合3アシストを記録している。しかし、スタメンが4回しかないほど激しいレギュラー争いを繰り広げている。このような部分が価格に反映されたようだ。クボはイ・ガンインとの違いを見せた」

 久保は今季公式戦初スタメンとなった10月22日のUEFAヨーロッパリーグ・グループステージ第1節スィヴァススポル戦(5-3)以降、徐々にプレー時間を伸ばしており、今後両者に対する評価も差が広がっていくかもしれない。

Football ZONE web編集部