パナマに1-0と勝利し2連勝も…低調な前半の内容を受け全体的に低評価

 日本代表は現地時間13日、オーストリア・グラーツで開催された国際親善試合でパナマと対戦。後半16分にMF南野拓実の決勝PKで1-0と接戦を制し、10月シリーズのコートジボワール戦から3試合連続の無失点で2連勝を飾った。

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、スタメンで出場した11選手を採点。低調だった前半の内容から全体的に低評価となるなか、ボランチで起用されハーフタイムに交代したMF橋本拳人(ロストフ)に「一言で言えば失望」と、単独最低評価を与えている。

   ◇   ◇   ◇

パナマ戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
■権田修一(ポルティモネンセ) 5点
 脅威の少ないパナマ攻撃陣相手にルーティンのようなセーブを見せていたが、前半の終盤に眉をひそめるようなワンプレー。ボックス内でのクロスの対応で読み違えをしていた。

【DF】
■植田直通(セルクル・ブルージュ) 5点
 空中戦などで無難なプレーを見せたが、前半17分にヘディングで決定機を外す。

■吉田麻也(サンプドリア) 5点
 植田と板倉とスムーズな連動を見せた。3バックの中央でほとんどピンチを迎えることはなかった。

■板倉 滉(フローニンゲン) 5点
 最終ラインで堅実なプレー。時折脅威となったパナマのロングボールをしっかりとコントロールした。

■室屋 成(ハノーファー) 5点
 酒井宏樹のような推進力の欠如が深刻。見どころはなかったが、守備では堅実だった

■長友佑都(マルセイユ) 5点
 日本代表を長きにわたって支えてきたエンジン。シュートは枠内に飛ばせず、競り負ける場面もあったが、後半に復調気配を見せた。

三好は「日本の攻撃陣で脅威となった」

【MF】
■柴崎 岳(レガネス) 5点
 前半の苦しみが顕著。中盤でミスパスを2、3度繰り返したが、遠藤航投入のおかげで後半息を吹き返した。

■橋本拳人(ロストフ) 4点
 一言で言えば失望だ。パナマ相手に中盤で圧倒された。後半ベンチに下がったことに驚きは一切なかった。

■久保建英(ビジャレアル)5点
 複雑な試合だ。試合のなかでも浮き沈みが激しい。だが、南野がPKを手にしたパスは完璧だった。

■三好康児(アントワープ) 6点
 前半の奮闘は好印象。日本の攻撃陣で脅威となった。

【FW】
■南野拓実(リバプール) 5点
 決勝点を決めた。典型的な“9番”ではない南野は、中盤でボールを引き出し、エリアに遅れて入るプレーで活路を見出した。

Football ZONE web編集部