【J番記者コラム】C大阪戦に3-1で勝利 平岡監督の就任後、今季初の2連勝

 前節のヴィッセル神戸戦(3-1)で今シーズン初の逆転勝ちを収め、平岡宏章新体制の初陣を白星で飾った清水エスパルスは、J1リーグ第27節セレッソ大阪戦にも3-1で勝利し、今季初の連勝を収めた。“初物”が続いているが、平岡監督は初采配となった神戸戦の評価を「60点」とし、残りの40点は「先制点を奪われてしまったので、先制点が取れるようにしたい」と回答。今週の練習では攻撃面においてはビルドアップと崩しの部分での共有、守備面では「行く、行かない」というスイッチの質の向上を挙げて取り組んだ。前節はセットプレーから2得点を奪い3-1、今節も同じスコアではあったが練習の成果が出る形で、流れのなかから崩しての3ゴールとなった。

 後半4分にDFファン・ソッコがクリアボールの競り合いを制すると、そのこぼれ球をDFエウシーニョ、MFヘナト・アウグスト、MF西澤健太、そして再びヘナトと、すべてワンタッチでつなぎ、今度はヘナトとFWカルリーニョス・ジュニオがヘディングでのワンツーで相手ディフェンスを翻弄した。最後はヘナトがペナルティーエリア内に侵入。飛び出した相手GKキム・ジンヒョンより先にボールに触わってこぼれるが、その勢いのままストライカー顔負けのオーバーヘッドキックでシュートを放つと、ボールは右サイドネットに吸い込まれた。

 同22分にはC大阪MF清武弘嗣のヘディングシュートが決まり一度は同点に追いつかれるが、後半から出場したMF中村慶太が同41分にゴール前でカルリーニョスとのワンツーからダイレクトでシュートを放つと、これも右サイドネットに吸い込まれて今シーズン初ゴールで勝ち越し。さらに同45+4分には、カウンターから中村のロングパスにオフサイドラインを確認して飛び出したFWティーラシン・デーンダーが一度はGKに1対1を止められるが、ティーラシンの落としたボールをカルリーニョスがダメ押しの3点目を奪い試合を決めた。

 試合後、この試合ではあまり平岡監督がベンチから大きな声で指示を出すシーンが少なかったことを尋ねると、「前節は試合をやるまでに30分くらいしかトレーニングがやれず、試合をやりながら修正していくことをやったが、今回は上手く選手たちがやってくれていたので、そこまで大きな声は出すことがなかった……。でも、今日のほうが声は枯れていると思う(苦笑)」と話した。前節に続き6000人を超えたサポーターは、その美声を聞く機会は少なかったが、前任者の残した遺産を生かしつつも、守備を整理して前節よりもさらに成長したチームを操った新指揮官とともに、勝ち試合に飢えていたサポーターも連勝という結果に酔いしれた。

昨季も監督交代後に5戦無敗、この勢いが“本物”かは残り7試合の戦い次第

 ただ、この連勝は平岡監督も言うように「監督交代」という劇薬を投じたことの副作用が良いカタチに出ているだけなのかもしれない。

 実際に昨シーズンも、ヤン・ヨンソン監督から篠田善之監督に交代した直後の5試合を3勝2分の無敗とし、復活したように思われたが、結果的には最終節で残留を決める苦しいシーズンとなった。これが本物であるのかは、残り7試合を見なければ分からないが、ここにきて怪我で離脱していた選手たちが復帰し、所属選手30人全員が練習に合流できていることはプラスだろう。

 またそれにより本職のポジションで選手を起用できることは、試合内容、結果に大きく影響している。ファン・ソッコが戻り最終ラインが安定したことで、センターバックでの起用が多かったヘナトがボランチで躍動し、MF竹内涼が復帰したことで中村をサイドハーフの攻撃的なポジションで起用することができるようになった。もちろん、フォーメーションを4-4-2に変更し、適材適所での選手起用や臨機応変にポジションを入れ替える柔軟さは、新監督がチームにもたらしているプラス材料であることは間違いない。

 すでに来シーズンのチーム編成作業はフロントが進めていると思われるが、平岡監督の就任時に「契約上はまずはこの9試合をお願いした。その後については未定というか、まずは今までチームを近くで見てきた平岡監督にしっかりと任せて、それからいろいろと判断をしていく」と、大熊清GMは今後について話していた。監督人事についても様々なケースを想定して、その候補をリストアップしているようだが、常に謙虚な姿勢で「もう一度、強い清水エスパルスに戻したい」という純粋な想いで引き継いでくれた平岡監督に、新シーズンを託してみるのも新たな改革になるのかもしれない。

 ともかく今シーズンの残り7試合で自信を取り戻し、4チームが自動降格になるという過酷な2021シーズンに向けて、しっかりと準備を整えて欲しい。

 最後に、この試合は「鹿児島デー」と15年連続で春季キャンプ地としてお世話になっている鹿児島市がサポートしたもので、毎年行われているこの「鹿児島デー」での成績はなんと8勝2分。清水にとっては天下無敵の絶大なるイベントの一つとなっている。クラブ内の人事異動でこのイベントの担当者に変更があり、新担当者も勝利できたことに一安心をしていると思うが、来シーズンも素晴らしい施設と環境を提供してくれる鹿児島市で無事に春季キャンプが開催され、「鹿児島デー」の不敗神話が永遠に続くことを願っている。

Football ZONE web編集部