浦和はG大阪戦で先制するも1-2で逆転負けを喫した

 浦和レッズは22日のJ1リーグ第28節ガンバ大阪に1-2で敗戦。5試合ぶりのホームゲームで敗戦し、大槻毅監督は「クリアの1つ、2つを徹底させてあげられなかった。最後はどうにかして勝ち点1に最低でも結びつけたいゲームだった」と、悔しさを語った。

 試合2日前の記者会見でこのゲームについて「4-4-2同士で噛み合うだろう」という見通しを話していた指揮官の予想通りに、ピッチ上には多くのマッチアップが発生する試合になった。時間帯によって連動した動きで数的優位、数的不利が発生してどちらかのチームに良い流れが来るタイミングもあったが、全体的には均衡した状態で後半まで試合が進んだ。

 そうした中で浦和は後半17分にセットプレーから先制する。MFマルティノスがショートコーナーで後方のDF山中亮輔に渡すと、そこから最終ライン背後を突いたフィードに反応したDFトーマス・デンが頭で折り返し、攻撃参加していたDF槙野智章が押し込んだ。槙野はこのプレーについて「前日練習もそうですし、試合前のセットプレーの練習では数多く練習をしてきた」と、デザインされたプレーでのゴールだったと話した。

 しかし、今季は先制した試合で無敗だった浦和がここから勝利につなげられなかった。先制点から4分後、サイドチェンジを受けたG大阪DF藤春廣輝が入れたクロスは向かい風で失速し、槙野とFWパトリックが競ったところでボールは真下に落ちるような形になった。その混戦からこぼれたボールをFW宇佐美貴史が蹴り込んで同点になった。さらに同36分、コーナーキックからDF髙尾瑠に決勝のヘディングシュートを許した。

 大槻監督はこの一連の流れについて「チャンスがなかったとも思わないし、相手の背後を取った場面も数回あったので、ゴールを決めたかった。そういうことを繰り返していくとサッカーですから、こういうことになるのかなという気がしている。2失点目のリスタートもキレイに決められたし、1失点目でクロスを上げさせた部分、クリアの1つ、2つを徹底させてあげられなかった。最後はどうにかして勝ち点1に最低でも結びつけたいゲームだった」と悔しがった。

 一方で槙野は「2点目を失った瞬間の、ちょっとチームの同点に追いついてやろうとか、逆転してやろうという雰囲気とかパワーは、いつもよりは足りなかったかもしれません」と話す。先制すれば強みを見せていたチームだけに、逆転を許したことのダメージは大きかったのかもしれない。

ACL圏内が遠のく敗戦…同点の時間帯には杉本&武藤のFWコンビ投入も無得点

 またピッチ上の攻撃力という点で、この試合は2トップをFW興梠慎三とFWレオナルドのコンビでスタートしていたが、1-1の同点の時間帯にFW杉本健勇とFW武藤雄樹のコンビへセット替えとなった。それ以降、ゴールに迫る攻撃の圧力は明らかに減退した。杉本は試合終盤に最終ライン背後に抜け出すビッグチャンスを迎えたが、置きに行くような足の振れていないシュートを放ち難なくGK東口順昭にキャッチされた。

 これまでの試合、興梠がスタメンでレオナルドがベンチスタートのゲームが多かった。チーム内で1位と2位の得点数を持つ2人のストライカーだが、90分のゲームで両者いずれかがピッチに立つ状態を作ろうとすればどちらかをベンチスタートにせざるを得ない状況も垣間見える。そうした意味では、交代投入から試合を決められる存在ができないままシーズン終盤を迎えたことが、この試合にも影響を与えたということにもなるだろう。

 現在9位の浦和は残り4試合を全勝した時の最高到達勝ち点が57となり、名古屋グランパスが1勝した時点で3位以内は消滅。セレッソ大阪、サンフレッチェ広島といった浦和より消化試合が少ないながら上位にいるチームもあり4位に入ることもかなり厳しい。そのため、今季の目標として掲げた来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得は、極めて難しくなった。

Football ZONE web編集部