26年前のフィオレンティーナ戦で決めた一撃をユベントス公式インスタグラムが回顧

 ユベントスは今季アンドレア・ピルロ監督の下で新たなスタートを切っているが、開幕から無敗を続けているものの4勝5分と思うように勝ち点を奪えておらず、第9節終了時点で首位ACミランと勝ち点6差の4位となっている。現地時間5日にはトリノとの“ダービー”に臨むが、その試合を前にクラブ公式インスタグラムで26年前に生まれた伝説のゴールを回顧。当時20歳だった元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロの芸術的な一撃に、ファンからは「世紀のゴール」「魔法!!!」など称賛の声が上がっている。

 舞台となったのは1994年12月4日、ユベントスの旧ホームスタジアムであるデッレ・アルピでのフィオレンティーナ戦だった。前シーズンにユベントスに加入したデル・ピエロは、在籍2年目となったこのシーズン、マルチェロ・リッピ監督の下で徐々に出場機会を増やしており、このフィオレンティーナ戦での芸術的な一撃でスターダムを駆け上がっていく。

 2-2で迎えた後半終了間際、左サイドのハーフウェーライン付近から相手ゴール前に向かって上げられたロングボールに対し、デル・ピエロは相手DF2人に挟まれながら並走しペナルティーエリア内に侵入。落下地点を見極めると、右足アウトサイドのダイレクトボレーで合わせると、シュートは美しい弧を描いて相手GKの頭上を越えゴールへと吸い込まれた。

 多くのサッカーファンの脳裏に焼きついているこのスーパーゴール動画が、ユベントス公式インスタグラムで「この#GoalOfTheDayにコメントする必要はない」との一文が添えられて公開されると、多くのファンが反応。「デル・ピエロの傑作」「ユーベ史上最も美しいゴール」「世紀のゴール」「芸術」「忘れられない」「天才」「パーフェクト」「魔法!!!」など、稀代のファンタジスタが見せた伝説の美技に称賛の声が殺到していた。

Football ZONE web編集部