川崎戦で先制PKを奪取、今季リーグ戦通算10得点にたどり着く

 浦和レッズのFW興梠慎三は、16日の川崎フロンターレ戦(1-3)での先制ゴールで2012年から続くリーグ戦の二桁ゴール記録を伸ばした。9シーズン連続のリーグ戦二桁ゴールを達成した万能型ストライカーは「浦和レッズでFWとして出ている以上、最低限二桁は取らないといけない」と、そのプライドを言葉にした。

 興梠は12年に当時所属の鹿島アントラーズで二桁ゴールを決めた後、13年に浦和へと移籍した。浦和加入後はミハイロ・ペトロヴィッチ監督(当時)の作り上げる攻撃的なサッカーの1トップとして君臨。縦パスを受けてポイントとなるプレーはそれまでのイメージを大きく変え、コンビネーション良し、クロスへの飛び込み良し、背後への抜け出し良しと、多彩なパターンでゴールを量産してきた。

 それでも本人は「1人で打開してゴールを決めるタイプではなく、誰かがアシストしてくれることでゴールを奪えるので、そういう意味でチームメートには感謝しています」と話す。17年夏でペトロヴィッチ監督がチームを去り、システムが2トップになっても、クロスが攻撃の主なパターンになっても、常にゴールを重ねてきた。

 ただ、今季に関しては記録が途絶える大きなピンチだった。大槻毅監督はプレシーズンから慣れ親しんだ3バックではなく4バックに変更。世代交代も含めたチームの過渡期にあるチームは、攻撃の機能性は大きく下がった。長年、興梠のアシスト役の筆頭だったMF柏木陽介も、負傷で大半を欠場した昨季に続きプレータイムが少なかった。新加入のFWレオナルドはゴール前に特化したタイプで、興梠は下がってボールを受ける場面が増えた。

 シーズン中には「自分が下がらないと組み立てが上手くいかない」と話し、チームを機能させるために苦心した。しかし、それらすべての要素は得点を奪うという観点からはマイナス要素しかない。そうしたなか、10月14日の柏レイソル戦(1-1)から11月3日のサンフレッチェ広島戦(1-1)までの5試合で5ゴールを奪取。通算9ゴールまでたどり着いていたものの、前節まで5試合連続ノーゴールだった。

 記録へのプレッシャーもかかってきたこの日、記録的な独走で優勝を果たした王者・川崎を相手にチームは前半のうちにPKを獲得。そのキッカーを務めた興梠は、GKチョン・ソンリョンの逆を突いてゴール左へ冷静に決めた。このゴールに「PKを任されることが多い中で、チームのために確実に仕留めるということでは冷静に決められてすごくうれしい思いはありますね」と話すエースだが、クラブの将来を考えての思いもあると話す。

「昔は阿部(勇樹)ちゃんがPKを蹴っていて、若い僕に託されて、自分ももう若い人に託す番だと思っていて。武田に蹴らせようと思いましたけど、そこで外したことを考えたら、あいつに責任が重くのし掛かると思って避けました」

若手を積極起用し世代交代を図るチームの現状に言及 「今は我慢する時期」

 この日、浦和は高卒ルーキーのMF武田英寿がキャリア初のスタメン出場をしていた。自身の記録を差し置いて武田に初ゴールをプレゼントすることも頭をよぎったという興梠だが、一方で失敗に終わった時のことも考えたという。過去には、ゴールが生まれなくて悩んでいたFW杉本健勇にPKキッカーを譲ったこともある興梠だけに、それは言葉だけのことではないだろう。

 興梠は現在の浦和について「若い選手がどんどん試合に絡むようになってきて、世代交代はなかなか上手くいかないことが多いと思いますけど、若い選手を使うことによって、どんどん成果が出るようになっていくと僕は思っていますので、今は我慢する時期」と話す。それでも、「浦和レッズでFWとして出ている以上、最低限二桁は取らないといけない」というエースのプライドを受け継ぐに足る選手はまだ現れていないのが事実だろう。

 来年にはまさに大記録となる10年連続二桁ゴールへの期待がかかる。浦和の復活には最前線で確かな得点力を持つ興梠の存在が欠かせない。その上で、その背中から学ぶ選手が出てくることが必要なはずだ。

Football ZONE web編集部