ネビル氏とキャラガー氏が2020年の“11人”を選出、リバプールから最多6選手

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」の解説を務める元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏と元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、プレミアリーグの「2020年ベストイレブン」を選出。昨季王者のリバプールから最多6選手が選ばれたなか、今季リーグ2位タイの11ゴールを奪っているトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが名を連ねている。

 世界中のスター選手が集うプレミアリーグ。識者2人のセレクトによる「2020年ベストイレブン」には、昨季30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプールから最多6選手が選ばれた。そして2番目に多く選ばれたのがトッテナムの2人で、イングランド代表FWハリー・ケイン、韓国代表FWソン・フンミンという今季絶好調の前線コンビが名を連ねた。また、昨季プレミアリーグMVPを受賞したマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネも、4-3-3の中盤の一角に組み込まれている。

 リバプールの昨季優勝の原動力となった“トリデンテ”からは、エジプト代表FWモハメド・サラーのみの選出となり、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネが外れた。

 その理由についてネビル氏は、「ソンとマネは、甲乙つけがたい。彼らについてネガティブなことは何もない。両者ともに間違いなくワールドクラスだ。世界中のどのクラブであっても、ソン、マネは欲しいだろう。バルセロナ、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド……世界中のすべてのクラブが2人を欲しがるよ」と両者を称えた。そのうえで、ソン・フンミンを選出した理由について、「ゴールとアシストの数、そしてチームの総合力を考えれば、ソンはより難しい環境で良くやった。ソンを選出したけれど、そこにマネの落ち度はない。彼はここに入っていてもおかしくない」と、選考が難しかったことを明かしている。

ソン・フンミンが選ばれた左ウイングは「リーグ全体で最も力のある選手が集まっている」

 また、キャラガー氏も「私もマネは大好きだ。でも、彼は少し難しい時期に差しかかっている。彼はこの9試合で1得点しか挙げていない。一方、ソンは圧倒的だ。ソンを外すという選択肢はないね。この左ウイングのポジションは、リーグ全体で最も力のある選手が集まっているポジションで、最高の選手が揃っている」と同意し、ソン・フンミンの突出した活躍を称えている。

 ネビル氏とキャラガー氏が選出した「2020年ベストイレブン」は以下のとおり。

GK
アリソン(リバプール/ブラジル代表)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド代表)
コナー・コーディ(ウォルバーハンプトン/イングランド代表)
フィルジル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ代表)
アンドリュー・ロバートソン(リバプール/スコットランド代表)

MF
ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー代表)
ジョーダン・ヘンダーソン(リバプール/イングランド代表)
ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/ポルトガル代表)

FW
モハメド・サラー(リバプール/エジプト代表)
ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド代表)
ソン・フンミン(トッテナム/韓国代表)

Football ZONE web編集部