武富、荻原、福島が京都へ新天地を移す

 浦和レッズは28日、元日本代表DF鈴木大輔ら4選手の移籍を発表した。うち3人が期限付き移籍も含め、J2京都サンガへの移籍となる。

 まず鈴木はJ2ジェフ千葉へ完全移籍。2019年加入からの2シーズンでリーグ戦は通算20試合の出場ながら、準優勝した19年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では10試合に出場して主力として活躍した。

 鈴木は浦和を通じ、「浦和レッズに関わる全てのみなさん、2年間ありがとうございました。ファン・サポーターのみなさんが最高の雰囲気を作ってくれる埼玉スタジアムでの試合がいつも僕の人生で最高の瞬間でした。特に昨年のACL決勝での雰囲気はとても感動しました。あの悔しさも含めて忘れられない思い出です」と、メッセージを発した。

 そして、MF武冨孝介、GK福島春樹、DF荻原拓也の3人が京都へ移籍することを発表。武冨が完全移籍で、福島と荻原は期限付き移籍となる。

 旧浦和市(現さいたま市)出身の武冨は柏レイソルから18年に加入したがあまり出場機会を得られず19年に湘南ベルマーレへ期限付き移籍。そこでは来季から京都の新指揮官に就任する曺貴裁監督に重宝されたが、湘南を退任となり半年間で浦和に戻った。しかし、その際に発覚した右足中足骨の骨折からの復帰に時間がかかり、浦和で主力としては活躍できなかった。

 武冨は浦和を通じて「このサッカーの街にプロになって戻ってきて、改めてこの街の人たちはサッカーが大好きだなと思いましたし、すごく浦和レッズは愛されているクラブだなと感じました。試合に出られないとき、長い間怪我をしてモチベーションを保てないときも埼玉スタジアムでみなさんの熱い声援や熱い姿勢を見て、毎回このピッチに戻ってプレーしたいと思わせてもらいました」と感謝の言葉を残している。

 また、福島は専修大学時代にユニバーシアード日本代表にも選出された実力者だが、元日本代表GK西川周作の牙城は崩せず。19年ACL決勝の第1戦で、西川が警告累積により出場停止になったゲームでゴールを守ったのが浦和でのハイライトになっている。

ユース育ちの荻原は「決断は簡単ではありませんでした」 福島は「本当に幸せな時間でした」

 荻原は浦和ユースからDF橋岡大樹と同期昇格した左利きのドリブルとキックに魅力のある選手だが、DF山中亮輔を獲得した浦和でポジション争いに苦しみ今夏にはアルビレックス新潟に期限付き移籍。そして、来季からは期限付き移籍先が変わる形になった。

 また、荻原は「正直今回の決断は簡単ではありませんでした。今すぐにでも浦和レッズのユニフォームに袖を通して埼スタのピッチで躍動したいです。しかし、『成長して帰って来る』と誓ったからには、更に進化する必要があると感じました。自分のストロングポイントを磨くチャンスだと思い、期限付き移籍を決断しました。しっかりと経験を積んで戻ってきますので、これからも応援よろしくお願いします」と、浦和を通じてコメントした。

 一方で福島は「浦和レッズのファン・サポーターのみなさん、約6年間ありがとうございました。浦和レッズの一員として過ごした時間は僕にとって本当に幸せな時間でした。これからは1人のファンとして浦和レッズを応援しています。ステージは変わりますが、またみなさんにお会いできるときを楽しみにしています」と、惜別メッセージを発している。

 昨季には浦和を退団した元日本代表DF森脇良太が京都に加入し、他にも浦和に在籍経験のある元日本代表FW李忠成も京都に所属。京都は約1年前に浦和で強化責任者を務めた経験のある山道守彦氏が強化部長に就任しているだけに、関係の良さが垣間見える“放出劇”になった。

Football ZONE web編集部