レアル専門メディアは久保のヘタフェ行きの可能性を検証

 ビジャレアルの日本代表MF久保建英は、リーガ・エスパニョーラ直近3試合で出場機会を得られず苦しい状況が続いている。1月の退団がスペインメディアで噂され、ヘタフェ移籍の可能性も浮上しているが、保有元であるレアル・マドリードの専門メディアによれば、久保の代理人の仕事仲間がキーマンになるという。

 久保は昨季、レンタル先のマジョルカで35試合4得点4アシストと活躍。今夏に保有元のレアルからビジャレアルへ期限付き移籍し、スペイン2年目を強豪クラブで戦う決断を下した。しかし、ウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取れず、UEFAヨーロッパリーグでは5試合に先発して1ゴールも、リーガでの先発はわずかに2試合で無得点。直近3試合連続で出番なしに終わるなど、序列の低下が顕著となっている。

 レアルは久保の現状に不満を抱いているとされ、1月に別のクラブへの再レンタルを検討しているとスペインメディアでは報じられている。そして、移籍先の有力候補に挙げられているヘタフェのアンヘル・トーレス会長は、スペインラジオ局「オンダ・セロ」の番組「El Transistor」のインタビューで、「クボは(ヘタフェに)来たがっている」と加入の可能性を示唆していた。

 レアル専門メディア「Defensa Central」は、「クボの代理人の仕事仲間が以前ヘタフェで働いていた」との見出しで、久保とヘタフェ周辺の情報をレポートしている。

「タケフサ・クボは昨夏のマーケットで、自身のサッカーを発展させるための十分な出場時間があると考えてビジャレアルへ行った。話し合いの中で重要な役割を与えると約束されていたが、実際にはまったく違うものになっている。クボの代理人の複数の仕事仲間(同時にバルセロナの元幹部)が数年前にヘタフェの幹部として働いていた。これは日本人選手がヘタフェの一員になるための大きな足がかりになり得る。

 何よりヘタフェと選手周囲の良好な関係が、クボが主役になり得るプラスアルファ材料の一つになり得る。ビジャレアルではチームメイトに対する不満はなかったものの、重要な存在だと感じられなかった。日本人MFはすでにヘタフェに対し、新たなレンタルのためのオペレーションを始めるのに合意していると伝えている。そのためには、ビジャレアルとの契約を短縮しなければならない。クボは代理人と同様に、カステジョンチーム(ビジャレアル)での時代は終わりにすべきとの考えで一致している」

 1月に入り、サッカー界の移籍市場は再び動き始める。果たして、久保はビジャレアルを離れ、新天地を求めることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部