【ドイツ発コラム】レバークーゼン戦でボランチとして今季初先発、冴え渡った攻撃のタクトさばき

 大袈裟でもなんでもなく、長谷部誠は不死鳥なのか。

 もうすぐ37歳になるというカレンダー上の数字が、まるで信憑性を持たない。年を取ると瞬間的なスピードが衰える、一瞬のキレが失われる、激しい動きの連続についていけないという世間一般の定説すべてを覆しているように感じる。

 ブンデスリーガ第14節レバークーゼン戦(2-1)では、今季初めてボランチとしてスタメン出場。前節バイエルン・ミュンヘンに敗れるまでリーグ無敗だった相手だけに、イエローカードの累積で出場停止となったセバスティアン・ローデの代役候補には守備的なシュテファン・イルザンカーが濃厚と予想されていた。だが、監督のアディ・ヒュッターは、それまでの2試合で確かな手応えをつかんでいたようだ。

 長谷部を起用し、その強みを最大限生かすためには、チームが確かに機能していることが非常に重要だ。センターにマルティン・ヒンターエッガー、その両脇にエヴァン・ヌディカとダビド・アブラハムで形成される3バックはそれぞれスピードがあり、1対1に強く、空中戦で主導権を握ることができる。ただビルドアップ能力はとなると、長谷部がいる時と比べてどうしても落ちてしまう。

 ではアンカーで長谷部を起用すれば、それで問題が解決かというと、そういうわけにもいかない。長谷部の周りで衛星的に走り回りながら、攻守にスペースを埋め続ける動きができる選手が必要不可欠。ヒュッターはこの役割を、ジブリル・ソウに託した。そしてソウは途切れることのない動きの連続で、1試合を通して攻守をつなぎ合わせていく。

 加えて前線からの守備が、しっかりと機能していることが大きな意味を持つ。直近2試合で1トップのアンドレ・シルバ+2トップ下システムは、チームに新しい力をもたらした。レバークーゼン戦ではシルバが後ろからのボールを懐に収め、そのそばでは卓越したキープ力と細かいステップでのドリブル能力が高いアミン・ユネスとパスを引き出し、攻撃にアクセントと変化を加える鎌田大地が常に流動的にサポートしていく。今季新加入の元ドイツ代表FWユネスはようやくコンディションも上がり、鎌田やシルバと息の合ったプレーを見せている。

1本のパスに込められた味方への無言のメッセージ

 いくつかのパスをつないだら、あとはサイドに展開してセンタリングというパターンに頼ることが多かったフランクフルトだが、この試合では細かいパス交換の連続で相手守備のプレスを受ける状況でもチャンスに持ち込むシーンが数多く見られたことは大きな収穫だろう。そこが上手くいくから、両サイドのフィリップ・コスティッチとエリック・ドゥルムは、これまで以上に効果的に攻撃に絡むことができる。

 そして長谷部だ。守備バランスが整い、パスの受け手が前線に存在し、チームとしての狙いがはっきりしている今、チームのブレーンとして長谷部のタクトさばきが冴え渡っている。攻撃にスイッチを入れるためには、ゴール方向を向いてフリーでボールがもらえそうな味方選手に好タイミングでパスを送ることが必要になる。ダイレクトパスの使い方が本当に上手い。

 でも、あからさまに狙いを明らかにしない。そうした選手をいち早く見つけ出し、そこへパスを送る素振りを見せないまま、ボールを要求しながら、相手がちょっと動いた様子を視野の端に捉えると、トラップへ向かう動作から滑らかなワンタッチパスを送ってしまう。相手が寄ってこない、センターから動かないのを見ると、スッと細かいステップで前を向いてボールを運び出す。そのあたりのセンサーの感度がとても鋭い。長谷部からのパスが攻撃を彩り、ゲームがどんどんコントロールされていく。

 相手に囲まれそうになっても取られない位置にボールを置き、体をずらして、パスの出口を作り出す。後ろからアタックされている時には、体で上手くスクリーンをしてファウルを誘発する。巧みも巧み。

 加えて味方へ、無言のメッセージをパスに込めて送ったりする。

 レバークーゼン戦で、こんなシーンがあった。ハーフウェーライン付近で味方からのパスを受けた長谷部が、ふわっとした浮き球パスをダイレクトで右サイドへと送る。ただそこには誰もいないし、誰も走りこんでいない。ミスパスか――。直後に長谷部はパスを送った先を見た後、近くにいた味方選手に目配せを送っていた。

 味方の位置、相手の位置、味方の動き、相手の動き、そしてボールの流れ。あの局面であの状況であの位置に走りこんでくれていたら、そこからチャンスを作ることができたんだぞ――。

 今はなかなか直接取材ができないので確認することはできないが、長谷部の所作からはそんなメッセージが込められていたのではないだろうか。実際そのあとのシーンから、スペースに入り込もうとする味方選手の動きが増えたように思える。

長谷部のスタメン復帰後3戦負けなし「いい流れを続けていかないと…」

 レバークーゼンに2-1で勝利したフランクフルトは、これで連勝。長谷部のスタメン復帰後は3戦負けなしと調子が上がってきている。チーム広報が、試合後の長谷部のコメントを送ってくれたので紹介したい。

「21年初の試合を勝てたというのは非常に嬉しいです。試合を通して、いいチームのパフォーマンスを出すことができたので、非常に満足できる試合だったと思います。年末の最後の試合に勝って、今日もポジティブな気持ちでプレーできましたけど、その前まで10試合ぐらい勝てていなかったので、そこからここで2連勝できたのは大きいですし、今日の勝ち点3も、これから上を狙っていくうえで非常に大きな勝ちだった。新年早々いい形で勝てて非常に嬉しいです。

 1月はカップ戦も含めて7試合あるんですけど、非常にタイトな日程で。その最初の試合をこうして勝てたので、いい流れを続けていかないといけないと思います。7試合あるというのをそこまで考えずに、目の前の試合を1試合1試合集中して戦っていくことが大きな結果につながると思っています」

 フランクフルトは連勝で順位を8位へ上げ、6位との勝ち点差は4にまで縮まった。前半戦は残り3試合。まずは良い形で、シーズンの折り返しまで駆け抜けたいところだ。

Football ZONE web編集部