バルサがドルトムントなど、欧州12クラブのここ10年間の移籍での“失敗例”を選出

 移籍に成功と失敗はつきもの。どんなクラブであっても常に100%正しい選択ができるとは限らない。米大手スポーツサイト「ESPN」では、過去10年間でヨーロッパのトップクラブがおかした“最悪の失敗例”という特集を組み、2014年にポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキをフリートランスファーで手放したドルトムントや史上最高額で17年夏にブラジル代表FWネイマールを獲得したパリ・サンジェルマン(PSG)などを紹介している。

 バルセロナのワーストとして取り上げられたのは、「4選手に4億2000万ユーロ(約533億円)以上を費やした」こと。バルセロナは2017年にドルトムントから1億500万ユーロ(約133億円)でフランス代表FWウスマン・デンベレ、18年にはリバプールから1億6000万ユーロ(約203億円)でブラジル代表FWフィリペ・コウチーニョ、ボルドーから4000万ユーロ(約51億円)でブラジル代表FWマルコム、そして、その翌年には1億2000万ユーロ(約152億円)でアトレティコ・マドリードからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを獲得した。

 ところが、いずれの選手も期待されたような活躍は見せられず、マルコムはわずか1年でロシア1部ゼニト・サンクトペテルブルクに移籍している。同記事は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響でバルサの負債が4億8800万ユーロまで増加したことを指摘し、「それ(グリーズマンら4選手)に加え、元トルコ代表MFアルダ・トゥラン、スペイン代表FWパコ・アルカセル、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスなど、高額を費やしたにもかかわらずほんの少しのインパクトしか残せなかった選手たちがいることを考えれば、チームがなぜこれほどまで不安定な財政問題に直面しているのかは容易に想像がつく」と綴っている。

 ドルトムントのワーストは、「レバンドフスキをフリートランスファーで手放した」こと。レバンドフスキは2010年にドルトムントに移籍し、日本代表MF香川真司らとともにユルゲン・クロップ監督(現リバプール)の下でブレイクを遂げた。14年のバイエルン加入後はリーグ得点王を4回獲得。昨季はUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献し、2020年のFIFA年間最優秀選手賞も受賞した。記事では、ドルトムントがここ数年でノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドやイングランド代表FWジェイドン・サンチョというような選手を獲得したことは称賛しつつも、「ライバルのバイエルンを止めることはできなかった。最悪だったのはレバンドフスキをフリートランスファーで放出したこと。ドルトムントは新契約を結ぶチャンスがあったものの失敗し、そのことをずっと悔やんでいる」と述べた。

ほかにもレアルやPSGの“失敗例”を指摘

 そのほか、2億2200万ユーロ(約282億円)という史上最高額でネイマールを獲得したものの、いまだにCLトロフィーには手が届かないPSGや、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド放出後、ナンバーワンのターゲットだったベルギー代表MFエデン・アザールを獲得したにもかかわらず、故障の影響でこれまでにわずか3ゴールと今のところ“大失敗”に終わっているレアル・マドリードなどが挙げられている。

 過去10年の移籍市場でヨーロッパのトップクラブが犯した“最悪の失敗例”12選は以下のとおり

アーセナル:コートジボワール代表FWニコラ・ペペとの7200万ポンド(約101億円)の契約
バルセロナ:4選手に4億2000万ユーロ(約533億円)以上を費やしたこと
バイエルン:ベンフィカからポルトガル代表MFレナト・サンチェスを獲得したこと
ドルトムント:ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキをフリートランスファーでの放出
チェルシー:ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとエジプト代表FWモハメド・サラーの放出
ユベントス:元アーセナルの選手らとの契約
マンチェスター・シティ:元フランス代表DFエリアキム・マンガラとの契約
リバプール:元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの穴を元イングランド代表FWアンディ・キャロルで埋めたこと
マンチェスター・ユナイテッド:フランス代表MFポール・ポグバのユベントスへの売却と8930万ポンドでの買い戻し
パリ・サンジェルマン:ブラジル代表FWネイマールとの2億2200万ユーロ(約282億円)の契約
レアル・マドリード:ベルギー代表MFエデン・アザールとの1億ユーロ(約127億円)の契約
トッテナム:ウェールズ代表FWギャレス・ベイル売却で得た資金をうまく使えなかったこと

Football ZONE web編集部