史上最高〜過大評価まで“5段階”で評価 唯一の史上最高選手は…

 プレミアリーグ史上最高のMFは誰か。英メディア「GIVE ME SPORT」が、独自のランキングを作成できるサイト「ティアーメーカー」を使って、現役選手からレジェンドと呼ばれた選手など計25人を格付けして公表している。

「GIVE ME SPORT」は格付けするにあたり、上位から順に「GOAT(史上最高)」「WORLD CLASS(世界クラス)」「QUALITY(良い)」「DECENT(まあまあ)」「OVERRATED(過大評価)」の5段階に分けている。

「史上最高」の選手には、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードが選出された。リバプールの下部組織出身で1998年から2015年まで活躍したジェラードは、リーグ戦504試合120ゴールという成績を残してピッチ上で輝きを放ち、世界最高のミッドフィルダーとも称された。

 続く「世界クラス」には、現在チェルシーの監督を務める元イングランド代表MFフランク・ランパード、マンチェスター・ユナイテッド一筋を貫いたクラブレジェンドの元イングランド代表MFポール・スコールズ。そして現役選手から、マンチェスター・シティの司令塔で、昨季のプレミアリーグ最優秀選手に輝いたベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが選ばれている。

 次の「良い」選手の部門には、9人を選出。ユナイテッドの伝説的なキャプテンである元アイルランド代表MFロイ・キーン、リバプールの2004-05シーズンUEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献し、現在はレアル・ソシエダBチームの監督を務める元スペイン代表MFシャビ・アロンソ、シティで3回のリーグ優勝などを経験している元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレ、アーセナルレジェンドの元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ、チェルシーで活躍した元フランス代表MFクロード・マケレレ、サウサンプトンのエースだった元イングランド代表MFマット・ル・ティシエのほか、現役として、現在はレアル・ソシエダ所属の元スペイン代表MFダビド・シルバ(元シティ)、モナコでプレーする元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(元チェルシー)、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(元トッテナム)が選ばれた。

「まあまあ」の部門には計6人が選ばれ、現役からはユナイテッドの元スペイン代表MFフアン・マタと、元トッテナムで現在はインテルでプレーするデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの2選手が名を連ねた。そのほか、アーセナルOBの元フランス代表MFエマニュエル・プティ、チェルシーやウェストハムでプレーした元イングランド代表MFジョー・コール、チェルシーで活躍した元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン、元オランダ代表の英雄FWルート・フリット(元チェルシー)の名前が並んだ。

“辛辣”の「過大評価」には現役選手も選出…エジルやポグバら

 最後は「過大評価」のカテゴリー。ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFマイケル・キャリック、ユナイテッドやニューカッスルでプレーした元イングランド代表MFニッキー・バット、プレミア含め多くのチームでプレーしや元イングランド代表MFポール・インスと、ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ、アーセナルで戦力外となっている元ドイツ代表MFメスト・エジル、チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが選ばれている。

「GIVE ME SPORT」が選ぶプレミア史上最高のMFは以下のとおり

■史上最高
スティーブン・ジェラード(元イングランド代表)

■世界クラス
フランク・ランパード(元イングランド代表)
ポール・スコールズ(元イングランド代表)
ケビン・デ・ブライネ(ベルギー代表)

■良い
ロイ・キーン(元アイルランド代表)
シャビ・アロンソ(元スペイン代表)
ヤヤ・トゥーレ(元コートジボワール代表)
パトリック・ヴィエラ(元フランス代表)
クロード・マケレレ(元フランス代表)
マット・ル・ティシエ(元イングランド代表)
ダビド・シルバ(元スペイン代表)
セスク・ファブレガス(元スペイン代表)
ルカ・モドリッチ(クロアチア代表)

■まあまあ
フアン・マタ(元スペイン代表)
クリスティアン・エリクセン(デンマーク代表)
エマニュエル・プティ(元フランス代表)
ジョー・コール(元イングランド代表)
マイケル・エッシェン(元ガーナ代表)
ルート・フリット(元オランダ代表)

■過大評価
マイケル・キャリック(元イングランド代表)
ニッキー・バット(元イングランド代表)
ポール・インス(元イングランド代表)
ポール・ポグバ(フランス代表)
メスト・エジル(元ドイツ代表)
エンゴロ・カンテ(フランス代表)

Football ZONE web編集部