エルチェ戦で途中出場から2ゴールに絡む活躍を見せ、上々のデビューを飾る

 スペイン1部ヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビュー。途中出場でいきなり2ゴールに絡んだが、英メディアは久保の特徴が出たプレーだったと評価している。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍。しかし、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りの発表と同時にヘタフェへの期限付き移籍が決定した。

 チームに合流したものの、マドリードが記録的な大雪に見舞われたため一度もトレーニングができないままエルチェ戦の遠征に帯同。そして1-1で迎えた後半19分、久保に出番が回ってきた。

 右サイドに投入されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。

 さらに同39分、久保がゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1とリードを広げ、そのまま逆転勝利を手にした。久保は途中出場のデビュー戦で、いきなり2ゴールに絡むインパクトを残してみせた。

 英メディア「プラネット・フットボール」は「“ジャパニーズ・メッシ”はヘタフェで輝くのに、30分しかかからなかった」と見出しを打ち、久保のプレーの特徴について触れている。

「タケフサ・クボにとって、2020-21シーズンはここまで簡単ではなかった。クボはスペイン語で“ラ・パウザ”(ボールを保持しながら選択を遅らせる特殊な技術)の達人として知られ、スペースを広げて守備を分散できる。また低重心の素晴らしいドリブラーだ。エルチェ戦ではドリブルの能力を発揮し、ハイメ・マタのゴールを呼び込んだ。クボにアシストはつかないが、ゴールに至るまでの仕事としては申し分ない」

 チームに“変化”をもたらせる点を評価された久保。ホセ・ボルダラス監督の信頼を勝ち取り続けられるだろうか。

Football ZONE web編集部