石川直宏氏が語る、日本代表の運命を変えた2010年4月のセルビア戦

 歴代の日本代表は、その活動の中で様々なターニングポイントを迎えてきた。2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)に向けて岡田武史監督が率いていたチームは、大会開幕の約3カ月前となる同年4月7日に国際親善試合のセルビア戦を戦った。この試合に出場した元日本代表MF石川直宏氏は、「日本代表の運命を変えた瞬間に自分が立っていたかもしれない」と当時を振り返っている。

 1998年に初めてW杯本大会に臨んだ日本は、フランスの地でグループリーグ3連敗を喫したが、2002年日韓W杯では開催国としてベスト16進出を達成。しかし、06年のドイツ大会では再びグループリーグ敗退の悔しさを味わった。そして10年南アフリカW杯に向けて4大会連続の出場権を獲得した日本だったが、アジア予選突破後の試合で思うようなパフォーマンスを見せられず、同年2月の東アジア選手権で韓国に1-3と敗戦。世間からの逆風に晒されていた。

 南アフリカW杯本大会登録メンバー決定前、最後のテストマッチとして組まれていたのが、このセルビア戦だった。思うようなチーム作りができていないなか、W杯メンバー「23人」の椅子を懸け、当落線上にいる選手たちにとっては最後のアピールの場。その注目選手の1人となっていたのが、前年にFC東京でゴールを量産していた石川氏だ。

「変なプレッシャーは一切なかった。チャレンジャーの立場だったから、重圧は全然なかった。切り札的な存在として(W杯)メンバーに入れたら幸運だなという気持ちでいた」

 当時の心境をこう振り返った石川氏は、2009年シーズンのJ1リーグで24試合15得点の活躍を見せJリーグベストイレブンにも選出。当時の日本サッカー界では最も“ホット”な選手の1人だった。しかし、セルビア戦は0-3と惨敗を喫することになった。

「自分がメンバーに入るのかどうか関係なしに、日本代表が南アフリカに向かおうとしているなかで、ピッチ上での目指すべき姿においてチーム全体に迷いを感じた。そこで突き抜けられる能力を見せられたら自分も入る可能性はあったし、自分が入ること以上に、日本代表がW杯本大会で勝ち上がれるチームにいかにできるかが最も大事だったと思うから、その力になれるためにベストを尽くそうという感覚だった」

「試合途中で観客が帰っていってしまう姿を、実はピッチ上から見ていた」

 0-2で前半を折り返しハーフタイム明けから投入された石川氏は、後半14分にMF中村憲剛のスルーパスに抜け出し、相手GKと1対1となる決定機を迎えるも、シュートは相手GKに弾かれる。同24分にはMF遠藤保仁のパスを受けたシュートは当たり損ねてしまったが、停滞気味の日本にとって石川氏はスピード感のあるプレーは明確なアクセントとなっていた。

 しかし石川氏には、あの試合でプレー以外の部分で頭から離れない光景が残っているという。

「2、3度良いボールが出てきてシュートを決め切ることができなかったことも悔しかったけど、でも、あの時一番ショックだったのは、長居のスタジアムにたくさんのサポーターが足を運んでくれたなかで、試合途中で観客が帰ってしまう姿をピッチ上から見ていたこと。『こんな日本代表はもう見たくない』と思わせてしまって、自分のメンバー入りがどうかとか以前に、それがとにかく辛かった」

 当時のA代表にはMF中村俊輔、中村憲、遠藤ら“出し手のスペシャリスト”が名を連ねていた一方、力強くフィニッシュまで持ち込む“受け手”の不在が課題として挙げられており、石川氏はその解決策として期待が寄せられていた。「セルビア戦では、まさにそういったプレーが求められて、理想の形は作れたけど、ゴールを決め切れなかった。その結果がすべてだった」と言い切った。

「セルビア戦以降、日本代表は守備的戦術に舵を切ったね。サッカーのスタイルをガラッと変えた。あの時、自分が結果を残して、希望の光になるようなゴールを決められていたら、もしかしたら日本代表としても攻撃的な戦術でW杯に挑む覚悟を決めていたかもしれない。でも、そうなった時に本大会ではどういう結果になっていただろなと思い返したりもしている。守備的戦術に切り替えたからこそ、ベスト16まで進んだという捉え方もできるからね」

「あそこで自分が決めていたら、日本代表の運命が変わっていたかもしれない」

 セルビア戦で中村憲、遠藤のスルーパスから迎えた決定機を決めていた場合、2-3で試合には敗れていたとしても、岡田武史監督は出し手と受け手の共鳴に手応えを感じ、守備的戦術に切り替えることなく突き進んでいたかもしれない。そして、もしかしたら、それによってベスト16の成果を挙げることも叶わなかったかもしれない。スポーツに“たられば”は禁物だが、「セルビア戦が、その後の日本代表の分岐点になったのは確かだね」と振り返った。

「あそこで自分が決めていたら、日本代表の運命が変わっていたかもしれない。メンバーには選ばれなくても、あの瞬間、W杯へ向かう日本代表のターニングポイントに自分は立っていたんだね。そこまで深く考えたことは今までなかったなぁ」と感慨深げに上を向き、「自分を振り返ることは今までなかったから、本当に新鮮だよ。このエピソードを気づかせてくれてありがとう!」と笑顔を見せていた。

[プロフィール]
石川直宏/1981年5月12日生まれ、神奈川県出身。横浜F・マリノスユースから2000年にトップ昇格しJリーグデビュー。02年に出場機会を求めてFC東京へ移籍して以降、17年の引退まで16シーズンにわたってプレーした。09年にはキャリア最多15得点をマークし、Jリーグベストイレブンを受賞。J1通算289試合49得点の成績を残している。日本代表としても年代別代表から活躍し、01年ワールドユース(現U-20ワールドカップ)、04年アテネ五輪に出場。国際Aマッチ6試合0得点。18年からFC東京クラブコミュニケーターを務めている。

Football ZONE web編集部