今季札幌に復帰「韓国内のファンにもよく知られた日本サッカーのレジェンド」

 元日本代表MF小野伸二は、今季からJ1北海道コンサドーレ札幌で再びプレーすることになった。2019年8月に同クラブを退団後、約1年半ぶりの復帰となったが、41歳にしてのJ1参戦に韓国メディアも注目している。

 韓国のスポーツ・芸能専門サイト「スターニュース」は、「“まだ死んでいない”イ・ドングクと同年代の日本のレジェンド、今年もプレー」と見出しを打ち、小野のJ1再挑戦にスポットを当てた。

「札幌は小野が2014年から2019年までプレーしたチームだ。小野は1998年フランス・ワールドカップ(W杯)に日本の選手としては歴代最年少の18歳272日で出場する記録を打ち立て、エリートコースを歩んできた。引退したイ・ドングクも小野と同じく、フランスW杯で代表チームの最年少として世界の舞台に立った。そのため、小野は当時から韓国内のファンにもよく知られた日本サッカーのレジェンドだ」

「Kリーグの生きる伝説」と言われたイ・ドングクは、昨シーズンを最後に23年間の現役生活から退くことを表明。一方で、韓国でも有名な小野だが、選手生命はそう長くはないと思われていたところ、再びJ1の札幌から声がかかった。

 韓国のサッカーファンも“天才”と言われた小野のプレーだけでなく、オランダ(フェイエノールト)やドイツ(ボーフム)など欧州での実績もよく知られている。

 最近、韓国では今年2月で54歳となる“カズ”こと元日本代表FW三浦知良(横浜FC)の契約更新がニュースになることも多く、長く現役を続ける選手にスポットライトが当たっている。41歳の小野も同様で、この先どのようなプレーでチームに影響を与えていくのか、韓国サッカー界も注目しているようだ。

Football ZONE web編集部