WBA戦でセンターライン付近から約50メートルをドリブルで突破

 ウォルバーハンプトンは現地時間16日に行われたプレミアリーグ第19節ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦で、2-3と逆転負けを喫した。そのなかで、“筋肉男”として人気を博すスペイン代表FWアダマ・トラオレの個人技が注目を集めている。

 マリ出身の両親を持つバルセロナ生まれのトラオレは、8歳でバルサに入団し、2013年には17歳でトップチームデビュー。その2年後となる2015年にアストン・ビラへ移籍した。翌年にはミドルスブラへ渡り、現在はウォルバーハンプトンで所属3年目。昨年10月にはスペイン代表にもデビューを果たしている。

 その強靭な肉体と圧倒的なスピードを武器とするトラオレは、WBA戦で本領を発揮した。後半26分、右サイドのセンターライン付近でボールを受けると、相手選手2人が行く手を阻もうとするなかで、強引に縦突破を敢行。元イングランド代表DFキーラン・ギブスを振り切り、さらにカバーしようと試みるMFロメイン・ソーヤーズも追いつかせない圧巻のドリブルで敵陣のタッチライン際まで持ち運んだ。

 ゴール前へのクロスはクリアされてしまったが、ピッチ半分を駆け抜ける圧巻の個人技に、スペイン紙「マルカ」は「アダマ・トラオレはクレイジー。止められない50メートルレース」と驚きを持って報じている。

 肉体だけでなく、スピードも世界トップクラスだとトラオレは自らのプレーで証明した。

Football ZONE web編集部