トーレス氏の肉体強化が世界で反響拡大「新たな筋肉に、サッカー界の大部分が仰天」

 2019年8月にサガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏は、自身の公式インスタグラムで東南アジア系のブランド企業「AW8」とアンバサダー契約を結んだと発表した。その際に披露した筋骨隆々な姿が世界で反響を呼んでいる。

 アトレティコの下部組織からプロデビューを果たしたトーレス氏は、チームの顔として才能を開花させると、2007年にリバプールへ移籍し、世界屈指のストライカーへと飛躍を遂げた。その後、11年にチェルシーに活躍の場を移すも不振に陥り、ACミランを経て、16年にアトレティコへと復帰。そして18年にJリーグの鳥栖へと加入し、19年に現役を引退した。

 昨年からアトレティコの下部組織でコーチングスタッフを務めているが、現在Bチームの監督就任へのステップアップが報じられている。そうしたなか、19日に公式インスタグラムで東南アジア系のブランド企業「AW8」とアンバサダー契約を結んだと発表。動画内では、現役時代とはまるで別人のような筋骨隆々な姿を披露し、反響は世界に拡大している。

 スウェーデン紙「EXPRESSEN」は「トーレスがサッカー界に衝撃を与えた。この元トッププレーヤーは、キャリアの幕を下ろした後に筋肉の山を身につけた」と大々的に取り上げ、「新たな筋肉に、サッカー界の大部分が仰天している。サッカー選手からボディービルダーへと変貌を遂げたドイツ人GKティム・ヴィーゼを彷彿とさせる」と説明。スタイリッシュなトーレスの変化に世界も驚きを隠し切れない様子だ。

Football ZONE web編集部