97-98シーズンのUEFAカップ準決勝、劣悪ピッチで見せた圧巻技に公式SNSが再脚光

 元ブラジル代表FWロナウドは現役時代、驚異的な決定力でゴールを量産する姿から“フェノーメノ”(怪物)と称され、数々の伝説を残してきた。1994年の欧州移籍後、名立たるビッククラブを渡り歩いてきた中で、UEFAヨーロッパリーグ(EL)公式ツイッターはインテル時代に泥のピッチで躍動する姿に再脚光を当てると、ファンからは感嘆の声が上がっている。

 ロナウドは1993年に母国の名門クルゼイロでプロデビュー。翌年にオランダのPSVに移籍すると、そこからバルセロナ、インテル、レアル・マドリード、ACミランと各国の強豪を渡り歩き、コリンチャンスで過ごした11年シーズンを最後に現役引退した。怪我に悩まされる時期も多かったが、キャリアを通じて並外れた得点力を発揮。ディフェンダーのマークを無力化する圧巻のテクニックやスピードも注目されてきた中で、EL公式ツイッターはインテル時代の圧巻プレーに再脚光を当てている。

 今回、EL公式ツイッターが動画として公開したのは、97-98シーズンのUEFAカップ(当時)準決勝セカンドレグのスパルタク・モスクワ戦(2-1)で披露されたものだ。ホームでのファーストレグで2-1の勝利を飾り、迎えた敵地ロシアでの一戦は、悪天候の影響から最悪のピッチコンディションで戦うことを余儀なくされる。芝生は剥げ落ち、ピッチ一面が泥まみれという状況下で、ロナウドは軽やかなステップでDFのタックルを回避しボールを失わずにチャンスを演出するなど、超人的なプレーで相手を翻弄した。

 とりわけ圧巻だったのは1点目のゴールシーンだ。味方からのスローインを敵陣中央付近で受けると、DFを背負いながら反転。ドリブルで突進すると、元チリ代表FWイバン・サモラーノ氏とのパス交換で中央を突破し、最後はDF2人の間を見事にすり抜け、GKまでかわし左足でゴールを奪った。

 劣悪なピッチコンディションを物ともしない圧巻プレーと超絶弾について、コロンビアラジオ局「Bluradio」は「酷いピッチ状態であったという事実にもかかわらず、見事なパフォーマンスだった。ゴールは彼のキャリアの中で最も伝説的なものの一つである」と称賛。ツイッターの返信欄や引用ツイートには、「こんなピッチでプレーしたなんて信じられない。多くの怪我をしたのも不思議ではない」「歴史上最高の1つ」「ロナウドは2倍のスピードでプレーしていて、それ以外の選手は0.5倍のスピードでプレーしている。信じられない」「アンリアル」など感嘆の声があがるなど、反響が寄せられている。

 この試合で2ゴールを奪ったロナウドの活躍により、インテルはラツィオ(イタリア)との決勝へ進出。その試合でもロナウドは1ゴールを奪う活躍を見せ、この年のUEFAカップ制覇に貢献した。当時から20年以上の時が経つが、”怪物”ストライカーの衝撃的なプレーにファンは大いに沸いていた。

Football ZONE web編集部