ホームでアラベス守備陣を崩せず…先発の久保は後半34分に交代

 日本代表MF久保建英が所属するヘタフェは31日、リーガ・エスパニョーラ第21節のアラベス戦に臨み、0-0の引き分けに終わった。3試合連続でスタメンに名を連ねた久保は右サイドでプレーしたが、思うようにチャンスを作れず、後半34分にベンチへ退いた。

 今季開幕前に名門レアル・マドリードからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、今年1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。1月11日の第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを果たすと、翌節のウエスカ戦(1-0)で移籍後初先発。前節のアスレティック・ビルバオ戦にも先発し先制ゴールの起点となるも、チームは1-5で大敗していた。

 悪い流れを断ち切りたいヘタフェは、ホームに勝ち点5差で降格圏に沈む18位アラベスを迎えた。今後の戦いを左右する一戦に向けて、ホセ・ボルダラス監督は3試合連続で久保をスタメン起用。右サイドに入り、MFカルレス・アレーニャやFWハイメ・マタらと攻撃陣を形成した。

 試合はともに手堅い試合運びを選択し、序盤から膠着状態が続いていく。久保も右サイドでボールを受けるもすぐに相手の激しいプレッシャーに遭い、なかなか見せ場を作れない。前半32分には左サイドをMFマウロ・アランバリがドリブルで運び、ペナルティーエリア内に侵入した久保に横パス。久保はトラップから左足を振り抜いたがヒットしなかった。

 同39分には右CKを久保が蹴ると、中央の混戦で飛び出した相手GKフェルナンド・パチェコがパンチングし切れず。こぼれ球をマタが右足で狙ったが、カバーに入ったアラベスDFアルベルト・ロドリゲスがゴールライン上でヘディングでクリアした。

 0-0で折り返した後半も、試合のリズムに変化は生まれない。同12分には敵陣右サイドでボールを受けた久保が、相手MFマヌ・ガルシアに倒されてFKを得るが、得点にはつながらなかった。

 その後も両者とも決め手を欠くなか、ボルダラス監督は同34分に2枚替えを敢行し、久保とアレニャを同時にベンチへ退かせた。同44分にはFKからアランバリが決定的なヘディングシュートを放つが、ゴール枠を捉えられず。試合はそのまま0-0で終了し、ヘタフェは久保が加入後4試合目で初のノーゴール。下位に沈む両者の対決は痛み分けとなった。

Football ZONE web編集部