サウサンプトンへの期限付き移籍が決定した南野「攻撃の軸となるキープレーヤーになれる」

 リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間1日、プレミアリーグ移籍期間の締め切り直前にサウサンプトンへ今季終了まで期限付き移籍することが発表された。リバプール専門メディアは「新天地のプレミアクラブで、攻撃の軸となるキープレーヤーになれることを世界に思い出させる必要がある」と取り上げている。

 南野はリバプールで勝負の2シーズン目を迎えていたが、なかなか出場機会を得ることができず苦しい日々を過ごしていた。リーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまっており、アタッカー陣の序列で最下層にまで下がってしまっていた。

 そうしたなか、1日に今冬の移籍期間のデッドラインを迎えたが、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。シーズン終了までの契約となっているが、リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「タクミ・ミナミノは運命を分けるサウサンプトンの地雷区域に足を踏み入れる」と見出しを打ち、今後を左右する挑戦に注目している。

 記事では「日本人アタッカーはリバプールから武者修行に出る立場となった。新天地のプレミアクラブで、攻撃の軸となるキープレーヤーになれることを世界に思い出させる必要がある」と指摘し、「サウサンプトンで開花する可能性がある。それは単なる憶測でも、盲目的希望でもない」と太鼓判を押している。

 また、「クロップは明確に南野を崇拝している。このレンタルは、リバプールでのキャリアの終焉を示唆するのではなく、将来のトップチームへの関与に向けられている」と、リバプール側が買取りオプションの付与を拒否した姿勢が、ユルゲン・クロップ監督の信頼の証であると強調していた。

重要なポイントは「南野とハーゼンヒュットルの戦術的な相関関係」

 重要なポイントとして「南野と(ラルフ・)ハーゼンヒュットルの戦術的な相関関係」を挙げているが、今季のサウサンプトンはリバプールよりも累計のハイプレス回数が上回っているデータを紹介し、「南野は羨ましいほどの戦術的教育のステップを踏んだ」と主張している。

 一方、サウサンプトンは現地時間2日に行われたプレミアリーグ第22節マンチェスター・ユナイテッド戦で0-9と歴史的な大惨敗を喫し、泥沼のリーグ4連敗。さらに、その4試合でわずか1ゴールと深刻な得点力不足に陥っている。厳しいチーム状況のなかで南野は加入することになるが、起爆剤として活躍し、来季のリバプール復帰に向けてアピールしたいところだ。

Football ZONE web編集部