ヘタフェ移籍後はリーグ戦4試合に出場して254分間プレー

 日本代表MF久保建英は、今冬に活躍の場を求めてヘタフェに期限付き移籍した。約1カ月で、ビジャレアルでのリーグ戦総プレー時間に迫る出番を得ているが、スペイン紙「AS」は「ボルダラスはクボを信頼」と報じている。

 今季開幕前にレアル・マドリードからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。11日の第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場で新天地デビューを果たすと、第19節ウエスカ戦(1-0)、第20節アスレティック・ビルバオ戦(1-5)で先発を飾った。

 1月30日の第21節アラベス戦(0-0)でも右サイドで先発を飾り、3試合連続の先発出場となったが、序盤から互いに膠着した展開。相手守備陣の激しいプレッシャーに久保も見せ場を作ることができず、後半34分に途中交代となった。

 ビジャレアルではリーグ戦出場13試合(うち先発2試合)で計292分の出場だったのに対し、ヘタフェでは4試合(うち先発3試合)で計254分間プレー。スペイン紙「AS」は「ボルダラスはクボを信頼」と見出しを打ち、「ビジャレアルでの4カ月間で出場した時間とほぼ同じものを得ている」とレポートしている。

保有権を持つレアルが望む、スタメン出場&左サイドでのプレーが実現

「監督の選手への信頼はその成長にとって重要で、若ければそれはなおさらなものになる。それが、ホセ・ボルダラスがタケフサ・クボに対して示しているものだ。日本人選手はアリカンテ出身のテクニカル・ディレクターの下で最高のバージョンを再発見し、指揮官は残りのシーズンで彼を欠かせないピースとして計算している。それは数字に示されており、リーガだけでタケはヘタフェで4試合に出場、4カ月の間にビジャレアルで16試合、292分とほぼ同じ時間(254分)に出場している。

 試合時間を分析すれば、データはなお信頼感を高めるものになる。ヘタフェでは全試合時間の70%に出場、一方、イエローサブマリン(ビジャレアル)ではピッチに立ったのは20%だけ。ウナイ・エメリはクボをよりヨーロッパリーグ用に計算していた(375分出場)のは確かで、監督は大陸の大会に(チームの)2番目のユニットを起用していたが、週末のリーグにはそれ以外のメンバーが彼より存在感があった」

 記事では、時期尚早ながら、「1カ月に満たない段階で、クボの移籍は正解だったと推測することができるかもしれない」と評価している。

「選手、レアル・マドリードともに、可能な限り1部リーグでの出場時間を得たいと願っていて、それは新しいチームで実現している。さらに左サイドでそれをやっており、これはジダン監督にとってそれほど多くの替えがいないポジションとなっている。現在、起用しているのはマルコ・アセンシオとロドリゴで後者は現在負傷している。クラブ強化部は絶え間なく注目し、近くで成長の様子を確認している」

 ヘタフェでのプレーは、保有権を持つレアルに向けた強烈なアピールにもなる。

Football ZONE web編集部