サウサンプトンはニューカッスルに2-3で敗北も…左サイドで先発の南野がデビュー弾

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発出場を飾り、前半30分に左足の強烈な一撃を叩き込み、新天地デビュー弾を決めた。英メディアは「なんてフィニッシュ。クロップも間違いなく大喜びしながら見ていることだろう」と取り上げている。

 南野はリバプールで勝負の2シーズン目を迎えていたが、リーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまっており、アタッカー陣の序列で最下層にまで転落。そんななか、今冬の移籍期限最終日に土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定していた。

サウサンプトンは現在、4連敗と絶不調に陥っており、とりわけ4試合でわずか1ゴールにとどまっている得点力が深刻な課題として浮かび上がっている。南野は今季終了までの契約になっているが、6日のニューカッスル戦では早くも4-4-2システムの左サイドで先発出場を飾った。

 試合は前半16分、26分と立て続けに失点する厳しい立ち上がりとなるが、0-2で迎えた前半30分、南野がいきなり結果を残す。左サイドからDFライアン・バートランドからパスを受けた際、トラップがやや前方に流れるも、勢いそのままに左足を一閃。相手GKが反応できない強烈な一撃をゴール左上に叩き込んだ。

 南野の鮮烈なデビュー弾を受け、英地元紙「リバプール・エコー」は「日本が誇る攻撃的MFは、ニューカッスルのゴールネットの天井を見事なフィニッシュで打ち込み、完璧なスタートを切った」と取り上げ、英メディア「GIVE ME SPORT」は「なんてフィニッシュ。クロップも間違いなく大喜びしながら見ていることだろう。今のリバプールの攻撃陣に同じことができるのかどうか…」と指摘している。

 一方、チームは2-3と競り負け、南野の初陣を白星で飾ることはできなかった。これで5連敗となり、泥沼状態から抜け出せない状況が続くが、チームを救う起爆剤として南野への期待は高まりそうだ。

Football ZONE web編集部