ニューカッスル戦で新天地デビュー、前半30分に初ゴールもチームは敗戦

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦(2-3)に移籍後初先発。前半30分にいきなり初ゴールを決めたが、韓国メディアは保有権を持つリバプールのファンの反応に注目している。

 新天地デビューとなった南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスを、ニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった

 データ分析会社「オプタ」によれば、異なる2クラブでプレミアリーグに出場したのは元日本代表MF稲本潤一(フルハム、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)、元日本代表FW宮市亮(ボルトン、ウィガン、アーセナル)に続いて日本人選手史上3人目。2クラブで得点を挙げた初の日本人選手となった。

 南野のサウサンプトン初ゴールを受けて、韓国紙「朝鮮日報」は「南野のゴールがリバプールファンの爆発を誘った」との見出しで注目。南野は今冬にリバプールからシーズン終了後までのレンタルでサウサンプトン入りしたが、リバプールファンはチームを去った日本人アタッカーがいきなりゴールを挙げ、「悲惨な決断」「タキの復帰を望む」などと声が上がったという英地元紙「リバプール・エコー」のレポートを紹介し、「リバプールファンはクラブの決断に腹を立てている」と伝えている。

 試合には2-3で敗れたサウサンプトンだが、南野にとってはアピールに成功した新天地デビューと言っていいだろう。

Football ZONE web編集部