敵地で保有権を持つレアルと激突 ジダン監督にアピールなるか

 スペイン1部ヘタフェは現地時間9日、第1節順延分で強豪レアル・マドリードと対戦する。日本代表MF久保建英にとっては、保有権を持つレアルに対してのアピールの一戦となるが、レアル専門メディア「Defensa Central」は「久保は高いモチベーションを持っている」と伝えている。

 今季開幕前にレアルからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。11日の第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場を果たし新天地デビューすると、第19節ウエスカ戦(1-0)以降はスタメン出場を続けている。

 ビジャレアルではリーグ戦出場13試合(うち先発2試合)で計292分の出場だったのに対し、ヘタフェでは5試合(うち先発4試合)で計313分間プレー。出番に関しては、ホセ・ボルダラス監督からコンスタントに与えられている。

 9日には3位レアルと敵地エスタディオ・アルフレッド・ディ・ステファノで対戦するなか、「Defensa Central」は「クボ、ディ・ステファノでのマドリード戦で印象に残る働きをすべく戦う」との見出しで、久保を取り上げている。

「ヘタフェは降格圏まで勝ち点4差で危険な状態。今冬の移籍市場で補強したが、現在のところ3試合で勝利がない(1分2敗)ネガティブな戦いとなっている。さらに、直近ではセビージャに0-3と完敗した。クボとアレニャが加わり、すぐに2連勝したが、その効果は薄れている。相手の難易度はあるとはいえ、アルフレッド・ディ・ステファノは、活躍して良い結果を掴み始めるのに理想的な舞台だ。クボはいつも以上のモチベーションがある。日本人選手の目標は質のある出場時間を積み重ねること。ヘタフェ加入以降は多くの出番を得ている。それは選手を発展させ、自信を深めるために欠かせないものになる」

 レアル相手に強烈なパフォーマンスを見せ、ジネディーヌ・ジダン監督にアピールできるだろうか。

Football ZONE web編集部