リバプールでの“限定的な起用”にキャラガー氏が言及「何も提示できなかった」

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦(2-3)で先発出場を飾り、前半30分に左足の強烈な一撃を叩き込み、新天地デビュー弾を決めた。保有元のリバプールは深刻な得点力不足に陥っているなか、南野についてクラブの英雄であるジェイミー・キャラガー氏が“本音”を明かしている。

 南野は今季リバプールで勝負の2シーズン目を迎えていたが、リーグ第14節クリスタル・パレス戦(7-0)で待望のプレミア初ゴールを記録したものの、それ以降はリーグ7試合でわずか6分間の出場にとどまり、アタッカー陣の序列で最下層にまで転落。そんななか、今冬の移籍市場最終日に土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定していた。

 新天地デビュー戦となったニューカッスル戦では、前半30分に左足の強烈な一撃を叩き込み、初ゴールをマーク。サウサンプトンは直近の4試合でわずか1ゴールにとどまっていたが、南野が今後攻撃陣の起爆剤となりえるポテンシャルを示してみせた。

 一方、保有元のリバプールは同節でマンチェスター・シティと対戦したが、ホームで1-4と惨敗。エジプト代表FWモハメド・サラーのPKによる1点にとどまり、自慢の攻撃陣の破壊力は影を潜めた。前節ブライトン戦も無得点で0-1の敗戦を喫しており、本拠地アンフィールドでは3連敗と要塞が完全崩壊している状態にある。

 そんななか、英メディア「HITC」は「クロップの決断を受け、キャラガーが南野に本音の評価を下す」と見出しを打ち、「南野はサウサンプトンで先発のチャンスを与えられた時、シティ戦でリバプールが必要としていたクオリティーを提供していた」と説明した一方、リバプールの英雄で、現在解説者を務めるキャラガー氏は南野に率直な見解を述べている。

 キャラガー氏は「彼は多くの出場機会を得ていなかったが、それはクロップによる意思であるのは明らかだった。正直に言うとすれば、赤いユニフォームでは、あまりに何も提示できなかった。我々の誰かが言わなければならない」と言及しており、限られたチャンスの中で目を惹くパフォーマンスがほとんどなかったと指摘している。

 サウサンプトンでは監督の起用に応え、一発回答してみせた南野。鮮烈デビューの勢いに乗り、さらなる活躍を見せられるだろうか。

Football ZONE web編集部