ヘタフェはレアルに0-2で敗れ、途中出場の久保も不発に終わる

 ヘタフェは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第1節延期分でレアル・マドリードと対戦し、敵地で0-2と敗れた。日本代表MF久保建英は保有元との対戦となったなか、後半10分から途中出場するも見せ場なくタイムアップ。レアル専門メディアは「日本人がサブ起用というサプライズ」と取り上げている。

 今季開幕前にレアルからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続で先発出場していた。

 しかし、保有元との対戦となったレアル戦は5試合ぶりのベンチスタート。後半10分に途中投入されるも、チームは同15分、21分と立て続けに失点を喫し、0-2で敗れた。

 レアル専門メディア「Defensa Central」は「ボルダラスは久保に30分間与えた。彼は数回トライしたが、失敗した」と見出しを打ち、不完全燃焼に終わったことに触れている。

「アウェーチームが緊急事態を踏まえ、日本人がサブ起用というサプライズ。クボは最後まで頑張ったが、成果を手にすることはできなかった」

 レアルは来季のレンタルバックを想定していると伝えられてきたが、本領を発揮できていない状況を専門メディアは不安視している様子だった。

Football ZONE web編集部