ヴィニシウスと久保の“レアル若武者マッチアップ”に英メディア熱視線

 ヘタフェは現地時間9日、リーガ・エスパニョーラ第1節延期分でレアル・マドリードと対戦し、敵地で0-2と敗れた。日本代表MF久保建英にとっては保有元との対戦になったものの、5試合ぶりのベンチスタート。後半10分から途中出場するも、見せ場なく終わった。そうしたなか英メディアは、レアルのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが久保を翻弄したワンシーンに注目している。

 今季開幕前にレアルからビジャレアルへ期限付き移籍した久保だったが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定。同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続で先発出場していた。

 しかし、チームは直近3試合で1分2敗と不振に陥り、久保も守備に追われ低調なパフォーマンスに終始。迎えたレアル戦は久保にとって保有元との対戦になったが、強豪相手に守備的な戦いを余儀なくされたため、5試合ぶりのベンチスタートとなった。そしてプラン通りに0-0で推移していた後半10分に途中投入されるも、チームは同15分、21分と立て続けに失点を喫し、0-2で敗れた。

 そうしたなか英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は、「ヴィニシウスはレンタル中のクボ、そしてヘタフェの同僚たちの大半を見事なドリブルで粉砕した」と見出しを打ち、「今年の夏、レアルの陣容は大幅な変更が施される印象を受けている。そのため、新たなボスが現れるとして、誰の運命が変わるのか見届けるのは興味深い」と、レアルの若武者同士のマッチアップに注目している。

 取り上げられたシーンは、レアルが2-0とリードして迎えた後半アディショナルタイム、右サイドのハーフウェーライン手前でボールを受けたヴィニシウスは、対峙した久保の頭上にボールを通すシャペウで鮮やかにかわすと、力強いドリブル突破でヘタフェの守備網を打開。最終的にペナルティーエリア手前で倒され、FKを獲得した。

 記事では、「ヴィニシウスの才能は明らかだが、直近の報告では水面下でスケープゴートにされていると取り沙汰されており、クラブが強制的に放出する可能性も浮上している。それでも、ヘタフェ戦ではクオリティーを示した。少なくとも4選手を置き去りにする素晴らしい突破を披露した」と説明。今夏退団の可能性を指摘しながらも、久保を含めたヘタフェの守備網を粉砕する“個の力”を称えていた。

Football ZONE web編集部