ソシエダ戦の後半途中に実現、久保のクロスからクチョがヘディングシュートを放つ

 ヘタフェの日本代表MF久保建英は14日、リーガ・エスパニョーラ第23節レアル・ソシエダ戦(0-1)で2試合連続のベンチスタートとなり、後半13分から途中出場した。1点を追うなかで右サイドハーフに入りチャンスメークをしたが、海外メディアが同22分に久保が個人技からFWクチョ・エルナンデスのヘディングシュートを導いたシーンに注目すると、ファンからは「どう考えても相性がいい」などの声が上がっている。

 久保は今季開幕前、レアル・マドリードからビジャレアルへ期限付き移籍したが思うように出場機会を得られず、1月8日にレンタル打ち切りが決定し、同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。11日の第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続でスタメン出場。だが、9日に行われた第1節順延分の“保有元”レアル戦(0-2)ではベンチスタートとなり、今節のソシエダ戦でも先発落ちとなった。

 久保に出番が訪れたのは0-1で折り返した後半13分、直近3試合でノーゴールと得点力不足に陥っているヘタフェのホセ・ボルダラス監督は、久保とMFカルレス・アレニャを同時投入。久保は4-4-2の右サイドハーフに入った。

 そして同22分、敵陣ペナルティーエリア外の右サイドでFKを獲得すると、キッカーを務めた久保が左足を振り抜く。シュートは壁を直撃し跳ね返ったが、その流れから右サイドで相手と1対2の局面を迎えた。この場面で久保は一度鋭く切り返して縦に行くと、もう一度切り返して相手を翻弄。クロスを入れるコースを生み出すと、左足でクロスを送りクチョがヘディングで合わせたが、シュートはゴール右へと外れていった。

 このシーンの映像を「LaLigaTV」公式ツイッターが公開すると、ファンが引用する形で反応。「どう考えても相性がいい。息があってる。一緒に出してあげてほしい 可能性を感じます」「KuCuコンビ」「目と目で通じ合う」といったコメントが寄せられた。

 久保とクチョは昨季、期限付き移籍先のマジョルカでも同僚として戦っており、華麗なコンビネーションを見せていた。ヘタフェでは、この日が初めて同時にピッチに立った試合となり、早速好連係を見せたことにファンも注目しているようだ。4戦連続ノーゴールで3連敗と苦しい状況を迎えているヘタフェだが、久保とクチョの「KuCuコンビ」がチームを救えるのか、注目が集まる。

Football ZONE web編集部