92年以降に出場歴がある選手の中から、「GIVE ME SPORT」がベストイレブンを選出

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント(ラウンド16)が16日よりスタートするのを前に、英メディアがこれまで同大会に出場した選手の中からベストイレブンを選出。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)らを3トップに据えた11人が名を連ねている。

 CLは昨年12月にグループステージの全日程が終了し、16日からラウンド16がスタートする。そんななか、英メディア「GIVE ME SPORT」が「史上最高の11人は誰?」と題し、これまで同大会に出場した選手の中からベストイレブンを選出。前身の「ヨーロピアン・カップ」から大会名称が変更された1992年以降に「出場歴がある選手」という条件のもと、名立たる11人をピックアップした。

 守護神に選ばれたのは、バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー。これまでにCLの舞台で通算116試合に出場してきた名守護神に対し、同メディアは「いまだに絶頂期にあり、今後も活躍できる」と太鼓判を押している。ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)や元スペイン代表GKイケル・カシージャス(元レアルなど)の名前も挙がったなか、来月で35歳となるにも関わらず現在も世界トップクラスのレベルでプレーし続けるノイアーを支持したと綴っている。

 4バックには、右からブラジル代表DFダニエウ・アウベス(サンパウロ)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル)、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニ(元ACミラン)、ブラジル代表DFマルセロ(レアル)が並んだ。

 マルセロとラモスは、ともに同クラブで2015-16シーズンからの3連覇を含む、計4回のCL制覇を経験。「間違いなく史上最高のディフェンダー」と称えられたマルディーニは、93-94シーズン以降のCLで3度優勝を成し遂げ、2002-03シーズンのユベントスとの決勝戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出。また、2006-07シーズンには史上最年長の38歳でビッグイヤーを手にした。

4度の優勝経験と「オールラウンド性」を踏まえて元仏代表FWをセレクト

 中盤は3人で、セントラルミッドフィルダーとしてはCL最多の通算30アシストをマークしている元スペイン代表MFシャビ(現アル・サッド監督)、クロアチア代表MFルカ・モドリッチ(レアル)、元イングランド代表MFスティーブン・ジェラード(現レンジャーズ監督)をセレクトしている。

ジェラードについては「大会通算30ゴールなど、CLでとりわけ素晴らしいパフォーマンスを見せた」との理由で、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)を退けて選出。モドリッチについては「過去10年間でレアルがCLでこれほどまでに成功するためには必要不可欠な存在」だったと評している。

 3トップにはメッシ、ロナウド、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)が並ぶ。CLで通算100ゴール超えを記録しているのはメッシとロナウドのみで、メッシは4度、ロナウドはマンチェスター・ユナイテッド時代とレアル時代を合わせて5度の優勝を経験している。ロナウドは最多ゴール(135)とアシスト(41)を記録していることから「CL史上最高の選手」と評した。

 意外なのはベンゼマだろう。CLでのゴール数で言えば、71得点の2位タイで並ぶポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)や元スペイン代表FWラウール・ゴンザレス(元レアルなど)のほうが上だが、4度の優勝経験や通算69得点27アシストという成績から窺える「オールラウンド性」を踏まえての選出だと綴っている。

Football ZONE web編集部