久保は2戦連続ベンチスタート…レアル専門メディアも不安視「予想もしていなかった」

 ヘタフェは現地時間14日、リーガ・エスパニョーラ第23節レアル・ソシエダ戦で0-1と敗れた。日本代表MF久保建英は2戦連続でベンチスタートとなり、後半13分に途中出場したが、不発に終わった。現地メディアは「レアルは最悪の事態を恐れ始めている」と現状に警鐘を鳴らしている。

 久保は今季開幕前、レアル・マドリードからビジャレアルへ期限付き移籍したものの、思うように出場機会を得られず。1月8日にレンタル打ち切りが決定し、同時にヘタフェへの“再レンタル”が発表された。第18節エルチェ戦(3-1)で途中出場から新天地デビューを果たすと、その後は4試合連続でスタメン出場していた。

 しかし、2月9日に行われた第1節順延分の“保有元”レアル戦(0-2)ではベンチスタートとなり、今節のソシエダ戦でも先発落ち。0-1で迎えた後半13分に右サイドで途中出場したが、ゴールには絡めず、チームは3連敗で4試合連続ノーゴールと苦しんでいる。

 そんななか、レアル専門メディア「Defensa Central」は「ヘタフェで“久保効果”は薄れ、レアルは最悪の事態を恐れ始めている」と言及。久保がビジャレアル時代に続き、ヘタフェでも影響力を失いつつある立場に警鐘を鳴らし、「ヘタフェではスタート(先発)して招かれたが、ビジャレアルで起こった幽霊化が大気圏を突破した」と表現している。

 ヘタフェでも出番を失い始めている現状を「レアルは予想もしていなかった事態」と説明する一方、「このことについてレアル側は考えたくもないわけだが……今のところ、クラブは彼が状況を好転させる能力があると信頼している」と、レアルは久保が今後期待に沿う活躍を示し始める信用を失ってはいないと強調した。

 チームも14位(6勝6分11敗)に沈む厳しい状況にあるが、久保の挽回に注目が集まる。

Football ZONE web編集部