MLSモントリオールを指揮するアンリ監督、ヴィエラ氏らとともに候補に挙がる

 メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトを率いるティエリ・アンリ監督が、英2部ボーンマスの新監督候補に浮上しており、指揮官としてイングランドに帰還する可能性が出てきた。英公共放送「BBC」など複数メディアが報じている。

 2014年に現役を引退したアンリ監督はベルギー代表のアシスタントコーチを経て、18年にモナコで監督デビュー。現在はカナダのモントリオールを本拠地とするMLSクラブ、モントリオール・インパクトを率いている。

 アーセナルで長く活躍した43歳の元フランス代表FWは、ボーンマスの新監督候補に浮上しているという。ボーンマスは今月3日にジェイソン・ティンダル前監督を解任し、元イングランド代表DFジョナサン・ウッドゲード氏が暫定指揮官を務めている。

 BBCラジオによれば、ハダースフィールドやシャルケなどで指揮経験のあるデイビッド・ワグナー氏も候補に挙がっているという。

 また、英紙「デイリー・メール」は「ティエリ・アンリは空席となっているボーンマスのヘッドコーチのサプライズ候補に浮上」とレポート。同紙はアンリ監督とアーセナル時代の同僚パトリック・ヴィエラ氏(前ニース監督)や元イングランド代表DFジョン・テリー氏(アストン・ビラアシスタントコーチ)なども新監督候補に挙がっているとしたうえで、アンリ監督が最有力として報じた。

 2012年1月から2カ月の短期レンタルでアーセナルでプレーし、その後アメリカでのプレーを最後に現役引退したアンリ氏。指導者としてイングランドに戻ってくることになるのだろうか。

Football ZONE web編集部